時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メスが入りまくりの鳥谷くん^^;
2008年11月10日 (月) | 編集 |



出たァ! 鉄拳被弾第1号!! 阪神・鳥谷敬内野手(27)が第2クール初日の8日、盗塁練習でミスを犯し、岡義朗野手チーフコーチ(54)からグーでポカリ。「つまらん失敗はするな」と新鬼軍曹が言えば、真弓明信監督(55)は走塁の意識に関し「まったく物足りない」。走らない若大将に首脳陣からメスが入った。

ポカリ! 安芸ドームにゲンコツ音が響いた!? 岡コーチも真弓監督も笑っていたが緊張感を漂わせるには十分。ミスをした鳥谷に“鉄拳制裁”だ。
 「つまらん失敗はするなよ、ということ。『強い意識を徹底的に植えつけてほしい』と監督にもいわれているしね」

 華麗な右腕? を披露した新鬼軍曹はミスの撲滅を強調。広島時代から厳しい練習で定評があるだけに、ついに本領発揮。“被ゲンコツ第1号”が鳥谷だった。

 投手役の岡コーチのフォームに合わせて、スタートか帰塁を判断する練習だった。投球ポーズに合わせて平野、浅井、藤原がスタート。鳥谷だけは取り残され、見守っていた真弓監督も「逆だよ」。バツが悪そうに立ちつくす若大将に岡コーチが歩み寄ってゴツン。脚力を期待しているからこそ、集中力を欠いたミスは許さなかった。それは指揮官も同じだった。
 「もっと走れる選手は鳥谷。まったく物足りないでしょう。20個くらいは走ってもらわんと」

 ファン同様、走らない鳥谷に不満を持っていた。盗塁数は5年間で「23」(今季は4)。2007年7月8日の中日戦(ナゴヤD)では一死満塁で二走にもかかわらず、金本の適時打で三塁止まり。「足の速い若い選手が緊張感とか集中力がないのかなと思う」とアニキを激怒させたように、走に関しては脱皮できない状態が続いている。

 「技術ではなく、完全に意識の問題。ベンチにいるときから意識して投手を見て、クセの出方、スタートを切るタイミングを考えておかないと」

 真弓監督は岡田監督時代から問題視されていた鳥谷の走塁部分に岡コーチとの二人三脚でメスを入れる方針だ。

 「(盗塁数が)少ないとか多いとかは、どんどん走っているわけじゃないんで(分からない)。1つでも多く、ベストを尽くして走るだけです」

 名指しされては、やるしかない。鳥谷も、険しい表情で「走塁の充実」を誓った。

 今季のチーム盗塁数「62」はリーグ4位。本塁打数「83」でワーストタイのヤクルトが148盗塁をマークするなど、機動力でカバーしたことを考えると、対照的だった。

 「1人が5盗塁ずつ増やせば。10くらい増やせる選手もいるし。鳥谷とかね。(今季との)差は絶対にあると思う」

 持論を展開した真弓監督の思いを代弁した岡コーチによる“ゲンコツ指導”が本格的に始まった。ダイヤモンドを疾走するトラへ。鳥谷が、その象徴となる。



 新任の久慈守備走塁コーチが鳥谷らに、二塁へ滑り込んでくる走者に強くタッチする練習を指示。「以前から気になっていた。勢いよくタッチすることで、審判もアウトをコールする可能性もある。二塁への送球だって、いつもストライクとは限らないんだから」。鳥谷以外にも坂や大和に特訓を課していた。




じっくりと、ためて、ためて-。阪神・鳥谷敬内野手(27)が10日、和田豊打撃コーチ(46)の指導で“一本足打法”に取り組んだ。
 
「直すために、ああいう形で打っている。自分への意識づけですね」
 上体が突っ込むクセを矯正するための特打。投手役の和田コーチがモーションをとると、鳥谷も右足を上げる。しかし、なかなか投げ出さない。球がくるまで、その姿勢でひたすら待ち続けた。

 「タイミングが合ったら素晴らしいが、ズレたらみじめなバッティングになる。下(半身)からというのを意識させるため」と和田コーチ。長い時間、軸を保つことが、どんな球にも柔軟に対応できる秘訣というわけ。真弓監督が「3割20本塁打」をノルマに課す若大将が、さらに進化を遂げる。



アニキに怒られてから

ずいぶん、一生懸命走れるようになりましたが

走塁の意識や技術は

まだまだレベルアップしないといけないようです ^^;


あと、走者に強くタッチすることは

解説の福本さんが いつも

『やさしいねー、もっとパシ~ンていかなー』

っておっしゃってました(^-^;


何故、いままで 手つかずだったのか

よくわかりませんが

鳥谷君、期待が大きい証拠ですから

がんばってね!!





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
やっぱし温室育成はアカンね。
 鳥谷がこの5年間、期待されているほどに伸びなかったのは、誰かさんの温室育成のセイやったんやろうね。www

 ここ3年間、シーズン最後にチーム全体がへばるのもキャンプでシッカリ鍛えてない証拠やとずっと思とりました。だからシーズン開始時にワクワクせんかったんやな。

 しかし、真弓新監督も岡コーチも流石やな。外を見てきているだけのことはある。ウチの体質がぬるま湯やってコトがよう分かってはるね。

 鳥もそうやけど、今一番ビシバシ(というか潰れてもエエから地獄のシゴキを)やって欲しいのはオスギと能見ですねん。
 エースになれる資質はあるモノの、そのノミの心臓のお陰(オスギはついでにオツムも足らんか?w)で丸っきり、大成どころか使い物にもなりよらん。
 この二人のウチのどっちかが化けてくれたら儲けモノ。アカンかっても諦められます。そやからビシバシやって欲しい。www

 多分、今岡辺りもビシバシやったら戻ってくるかもね。でも、今岡の場合ビシバシやったら拗ねるのはノムさん時代に実証済みやからなぁ・・・。丼さんが言うてたように無理か・・・。(´ヘ`;)ハァ

2008/11/11(火) 00:47:47 | URL | ドモ\(^_^ ) ( ^_^)/ドモまったりです。 #-[ 編集]
まったりさま

>誰かさんの温室育成のセイやったんやろうね。www

おっしゃるとおりだと思います
鳥谷君のことがほんとうに大事なら
何故、もっと指導しなかったのでしょうか??
不思議でなりませんね(^-^;
一年目にファームで鍛えておけば
青木選手にあんなに水あけられることも
なかったと思います
鳥谷君の失われた5年を
返してあげてほしいくらいです(苦笑)

真弓監督や岡コーチが厳しく指導されているので
他の選手も含めて
来年は、期待がもてそうですね^^
すぐ、結果がでなくても、意識や取り組み方が変われば
御の字ですよね☆

そういえば、先週の 熱血!タイガース党で
藤田平さんが、
『今岡も志願してきたらよかったのに』
みたいなことおっしゃってました
今岡選手、真弓さんの力で、復活させれるでしょうかね~??




2008/11/11(火) 11:38:20 | URL | サワヤカプリンセス #2vXCOdzA[ 編集]
ふっ(とため息…)
サワヤカプリンセスさん、こんにちは!

鳥ちゃんよ、そこからか…。
んーもう、今までがぬるま湯だったと言われても仕方ないですよね。
2008/11/11(火) 12:37:48 | URL | のらねこ #o/PXu/q6[ 編集]
のらねこさま


>今までがぬるま湯だったと言われても仕方ないですよね。

ほんとにちょっとの~んびりしすぎてたかも~(^-^;

鳥谷くんには、オールスターや五輪(もう、ないけど^^)

WBCで みんなに候補にあげてもらえるよう

進化していってほしいです☆^^


2008/11/11(火) 14:28:42 | URL | サワヤカプリンセス #2vXCOdzA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。