時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダイワスカーレットちゃんが最優秀3歳牝馬に!!^^
2008年01月09日 (水) | 編集 |





2007年度のJRA賞受賞馬選考委員会が8日、東京・港区のJRA六本木事務所で開かれ、07年にGI3勝を挙げたダイワスカーレット=写真=は最優秀父内国産馬&最優秀3歳牝馬に選出された。なお、28日に都内のホテルで表彰式が行われる。

 誰しもが納得する“2冠”受賞だった。昨年のダイワスカーレットは、桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯と牝馬GIを3勝。強い3歳牝馬世代の主役として、年間を通じて常に頂点にいた。
 「他にも素晴らしい馬が多い中で、2個のタイトルを受賞できてうれしいですね」
 松田国調教師は喜びを口にした。最優秀3歳牝馬部門では2位のライバル、ウオッカに大差で圧勝し、さらに、最優秀父内国産部門も制圧。各部門受賞から選出される年度代表馬部門でも、アドマイヤムーン(178票)に次ぐ2位の73票を集めた。
 「有馬記念は性別、世代を越えてぶつかるレース。年度代表馬を意識していたので“白黒”をつけるつもりで完全に仕上げたんですが…」
 最終決戦の有馬記念は、伏兵・マツリダゴッホの大駆けの前に2着。年度代表馬獲得ができなかったことに、トレーナーも悔しそうな表情を浮かべたが、今では気持ちを切り替えて、新しい目標の“世界制覇”に踏み出そうとしている。
 「今年は海外を視野に入れています。前に行ける脚を最大限に生かして、力を海外で実証したいですね。2番手でも3番手でも主導権が取れる。これが何よりも大きい」
 現在の青写真ではフェブラリーS(2月24日、東京、GI、ダ1600メートル)を使ってドバイ国際競走(3月29日、ナドアルシバ)へ。ドバイデューティフリー(GI、芝1777メートル)に“重き”を置きながらも、世界最高峰のドバイワールドカップ(GI、ダ2000メートル)挑戦も心の中に温めている。
 「ドバイのあとは白紙ですが、英国やアメリカなどからオファーがあれば考えたい。スタッフにも恵まれていますからね」と松田国調教師。夢ははてしなく広がる。08年のダイワスカーレットは日本の枠にとどまらず大きく“世界”へと羽ばたいていく。

そして アドマイヤムーンが07年度の年度代表馬に





2007年度のJRA賞受賞馬選考委員会が8日、東京・港区のJRA六本木事務所で開かれ、07年にGI3勝を挙げたアドマイヤムーン=写真=がJRA年度代表馬に輝いた。なお、28日に都内のホテルで表彰式が行われる。

 世界を股にかけた大活躍が認められた。昨年、ドバイデューティフリー、宝塚記念、ジャパンCの国内外GI3勝を挙げたアドマイヤムーンが07年の年度代表馬に輝いた。
 「非常に光栄でうれしく思います。ムーンは選ばれて当然の成績を残しましたし、私としてはジャパンCを勝って、最高の形で種牡馬として送り出せました。今後は種牡馬として、いい子をたくさん出してほしいです」と管理していた松田博調教師は喜びを語った。
 アドマイヤムーンは05年7月に函館デビューから3連勝。皐月賞(4着)、ダービー(7着)と3歳春のクラシックはひと息に終わったが、夏の休養を経て本格化。07年2月の京都記念Vをステップにドバイデューティフリー(3月31日、ナドアルシバ、国際GI、芝1777メートル、1着賞金=約3億6000万円)を1番人気で快勝。帰国して宝塚記念を勝った後の7月、40億円でダーレー・ジャパン・ファームへ電撃移籍。そして秋のジャパンCを制した直後に引退と、競馬ファンに衝撃を残してターフを去った。
 「天皇賞(秋)で負けたので、ジャパンCで一番強いことを証明できたのがうれしい。東京の大観衆の前でウイニングランをできたことは一生の思い出です。宝塚記念からチャンスを与えてくれた関係者に感謝したいです」と岩田康誠騎手は07年の代表馬決定の報を受けて感慨深げにコメントした。
 ムーンが有馬記念前に引退したことから、暮れには“年度代表馬は果たしてどの馬に?”と注目されたが、同じくGI3勝のダイワスカーレットに105票差をつけ代表馬に輝いた。ムーンは現在、北海道沙流郡日高町のダーレー・ジャパン・スタリオンコンプレックスで繋養されている。種牡馬としての第2の生活にも徐々に慣れ、馬産地でもエンドスウィープの後継種牡馬としての期待が高まっている。これからは第2のムーンを送り出す大きな使命が待っている。

◆シェーン・ホーラン氏(ダーレー・ジャパン株式会社 スタリオン・オペレーション・ディレクター)
 「このたびのアドマイヤムーンの年度代表馬選出を、スタッフ一同大変喜んでおります。新たに種牡馬としてのキャリアを踏み出したアドマイヤムーンは、おかげさまで多くの生産者の方々から注目をいただいております。数々の大レースを制した持ち味の鋭い末脚を産駒にも伝えてくれるものと楽しみにしております」



スカーレットちゃん、オークスでれてて
勝ってたら 年度代表馬になれてたのかなー

名前はかわいらしいですが
やってることは かなり 女傑ですー(笑)

これからも 可憐な雰囲気で
スンゴイこと いっぱいやってのけてくださいね~




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。