時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最強の兄妹??  感動をありがとう~^^
2007年12月24日 (月) | 編集 |




日が暮れた中山のターフでスポットライトを浴びるダイワメジャー。
3万人を超えるファンが引退するメジャーに声援を送った

 第52回有馬記念(23日、中山9R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金1億8000万円=出走15頭)悔いはない-。ダイワメジャーはしぶとい勝負根性と粘り強さを見せ、昨年と同じ3着でターフに別れを告げた。スカーレットとの“兄妹対決”は妹に華を持たせる格好となったが、輝きは最後まで色褪せせなかった。
 「スカーレットが行ったので引く形に。位置取りが逆だったら、(妹との)着順は変わっていたと思う。ラストランを飾らせてあげられなくて申し訳なかった」と、皐月賞の鞍上でもあったミルコ・デムーロ騎手。
 最終レース後には感動の引退式。スポットライトを浴びたメジャーの背に安藤勝己騎手。大城敬三オーナー、上原博之調教師、デムーロへ、3万人のファンから歓声と労いの拍手が送られた。
 「いい馬をやらせてもらって感謝の気持ちで一杯です」と上原師は目を潤ませた。大城オーナーは「きかん坊のメジャーを一流の競走馬として成功させ、よくやってもらいました。メジャーの子供たちにも声援をお願い致します」と2世活躍に夢を馳せた。
 26日に北海道安平町の社台スタリオンステーションに向け出発。18億円のシンジケートはすでに満口で、SSの大物後継種牡馬としての期待は大きい。04年皐月賞、06年天皇賞・秋、マイルCS、07年安田記念、マイルCSとGI5勝。ノド鳴りを克服しての活躍だった。さようなら、そしてありがとう、ダイワメジャー。
(片岡良典)
★有馬記念1日の流れ
【22日18:00】この時点で門の前に500人。一番乗りは12月15日の午後4時から並んでいた
【23日7:20】通常より10分早く開門。あいにくの雨にもかかわらず待ち人数は3860人。前年比39.1%(前年は9860人)
【10:45】地下1階のATMには常に100人超の列
【10:50】競馬ギャラリーでは、歴代有馬記念の優勝馬の特集。(ほぼ)等身大のディープインパクトの像の前で記念撮影をするファンも
【11:38】4R芝2000メートルの2歳新馬戦でウオッカと同じタニノギムレット産駒のステルスソニックが5馬身差の快勝
【11:45】メディアホールに、千葉ロッテマリーンズの成瀬善久投手とセレブタレントのマリエさんが登場。会場はファンで超満員。本命は成瀬投手がダイワメジャー、マリエさんはポップロック
【12:00】昨晩から降り続いた雨が完全に上がり、競馬場にも日が差し始める
【12:05】地下1階のレストランプラザはどの店も長蛇の列
【12:27】5Rでタイガーマスクが中央初勝利。口取りでは武豊騎手がタイガーマスクの覆面を被るシーンも
【13:10】6RホープフルSではマイネルチャールズが直線で3頭の叩き合いを制して、02年マイネヌーヴェルとの姉弟制覇を達成
【13:55】有馬記念の出走各馬が装鞍開始
【14:20】横断幕は、これで引退レースとなるダイワメジャーが5枚で、メンバー中最多
【14:35】パドックに有馬記念出走馬が続々と入場
【15:00】各馬ジョッキーがまたがって、パドックを周回
【15:05】本馬場入場。ダイワメジャーが先陣を切ってターフに飛び出す。ウオッカがターフヴィジョンに映し出されると会場が歓声でドッと沸く
【15:25】朝とはうって変わって雲ひとつない青空。有馬記念のファンファーレが鳴り響き、レースがスタート
【15:28】悲鳴にも似た歓声の中、9番人気のマツリダゴッホが1着でゴール
【15:45】表彰式。プレゼンターの成瀬投手、マリエさんが、マツリダゴッホの関係者を祝福
【16:40】出張馬房にメイショウサムソンが戻る。「1番人気に推してもらったファンに申し訳ない」と中田厩務員
【16:43】ウオッカも出張馬房の厩舎周りでクールダウン。「3頭ともいい状態で出せたと思ったが、競馬は難しいね」と角居調教師
【17:00】ダイワメジャーの引退式がスタート
【17:15】主戦の安藤勝己騎手、上原博之調教師、大城敬三オーナーのスピーチ。上原師は「この馬には色々なことを勉強させてもらいました」と、涙を流しながらの挨拶
【17:30】引退式が終了







初の牡馬相手のGIで2着と底力を見せたダイワスカーレット。
牝馬の連対はヒシアマゾン以来13年ぶりの快挙


第52回有馬記念(23日、中山9R、GI、3歳上オープン国際、定量、芝・内2500メートル、1着本賞金1億8000万円=出走15頭)未知の領域に挑んだGI3勝馬が、最後まで踏ん張った。2番手を追走した5番人気ダイワスカーレットが、内から抜け出したV馬に懸命に食い下がり2着。2500メートルを克服し、3歳牝馬として94年ヒシアマゾンぶりの連対を果たした。
 「やっぱり強いよ。最後まで止まってないからね」と安藤勝己騎手。上がり3ハロンは36秒6。これまで33~34秒台で上がってきたスカーレットにとって初めて経験するタフなレースだったが、潜在能力を示しての力走。最初で最後の兄メジャーとの兄妹対決にも、勝つことができた。
 「落ち着いて走ってくれた方だと思うが、少し力んでいた」。1~2コーナーで外めに出して他馬と馬体を離し、リラックスして走らせることに努めたが、やはり初距離に戸惑いはあった。「もっと折り合いがつけば、さらに前に行く競馬も考えたが…」。リズムよく走らせることを心掛けたぶん、マツリダに先にスパートされた。「スピードが出る馬場の方がよかった」とアンカツは稍重の馬場も悔やんだ。
 松田国英調教師は「悔しい? そうだね。まだよく分からない」。それでも、桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯と勝ってきての有馬2着で、最優秀3歳牝馬の座は確定的。GI3勝はアドマイヤムーン(ドバイDF、宝塚記念、ジャパンC)と並ぶ最多。史上初の3歳牝馬の年度代表馬のチャンスも出てきた。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
僕の馬券面白いでしょう。
ダイワスカーレット良く頑張りましたね。
すばらしいです。
それとぼくは3連複で2-3-9の100だけ買いました。
当たってしまったら、大変な事になってますね。
は、は、は。
2007/12/24(月) 22:00:58 | URL | tfoh #-[ 編集]
さすがSPさん!
ええブログ記事有り難うございます!
お兄ちゃんも妹もええレースしたよねw
2007年の有終の美を飾ったんじゃあないですかね。
できれば妹にーーーマツリダくんいらんことするなよ!
って思わないでもなかったけど。

年度代表馬はやっぱスカーレットでスカット
いって欲しいですw
1周目でごっつうひっかかっとたけどアンカツさんが
必死でなだめとったですね。ナイスランです。
真骨頂発揮やね。2007年の象徴やなw
是非とも年度代表馬(=MVP)に選ばれて欲しいです。
2007/12/24(月) 22:21:22 | URL | 和田コーチ #6YOFHnGs[ 編集]
tfohさま


マツリダゴッホ 入れてるとこ
スゴイじゃないですかー^^

世相を反映する という点で エビナ騎手のKYぶりが
馬券に投影されてしまったようです^_^;

◆KY(空気が読めない)  Kは「空気」、Yは「読めない」の略。以前は「空気を読め」といった意味で使われていたが、最近は「あいつKYだ」のように「空気を読めない」あるいは「空気を読めないヤツ」の意味で使われる。9月に辞任した安倍首相に関して頻用され、一般に広まった。


2007/12/25(火) 11:30:28 | URL | サワヤカプリンセス #2vXCOdzA[ 編集]
和田コーチさま

お兄ちゃんの引退式に デムーロ騎手まで参加できて
ほんとによかったですねー
しかも、いい成績で☆^^
タキオンとどちらがいい子供出すか
ほんとに楽しみですー^^

年度代表馬は ウオッカ、ムーン との
三つ巴でしょうか??
そのゆくえもとても楽しみです^^

2007/12/25(火) 11:33:37 | URL | サワヤカプリンセス #2vXCOdzA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。