時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ディープが、かわいそう
2006年11月17日 (金) | 編集 |
061117ke20061117003_MDE0023.jpg



10月1日の仏GI凱旋門賞で3着だったディープインパクト(栗東・池江郎、牡4)から禁止薬物が検出された問題で、フランスの競馬統括機関フランスギャロの審査委員会は16日、ディープの失格、3着賞金の支払い停止、池江泰郎調教師(65)への制裁金を科す裁定を下した。池江郎師は同日夕、東京・港区のJRA六本木事務所で会見。治療中にディープが暴れ、馬房内の寝ワラなどに飛散した薬物が体内に入った可能性を明かした。


失格、3着賞金(約3500万円)の支払い停止、そしてもっとも重い制裁金1万5000ユーロ(約230万円)。最悪の裁定が下っても、会見に現れた池江泰郎調教師の表情に曇りはなかった。居並ぶカメラのフラッシュを浴びながらも淡々とした表情で、「多くのファンの皆さん、JRA、厩舎関係者にご迷惑をかけたことをお詫びします」と頭を下げた。そして厩舎の責任者としてとすべてを受け入れる姿勢を見せた。その一方で、「ドーピング疑惑、不正使用は事実無根であり、ディープの名に恥じる行いをしたことは一切ありません」と言葉に力を込めた。

 禁止薬物が検出された理由について、仏滞在中に馬房内でのノドの吸引治療の際、ディープが暴れてチューブが外れ、薬物が飛散。それが付着した寝ワラなどを食べて体内に入った可能性を示した。馬房内の寝ワラを取り替えなかった点に疑問が残るが、「馬房に薬が飛散したことは、帰国後にこの問題が起こった後に、(厩舎スタッフから)聞いたことで、それまでは知りませんでした」と釈明。寝ワラ交換など馬房内の作業は厩務員の担当だ。帯同した牛屋重人獣医師にはイプラトロピウムが禁止薬物という認識は当然あり、馬房内に薬物が飛散したのならば、馬房を洗浄するなど適切な措置をとるように進言することもできたはず。JRAも「注意義務を怠ったということで、今後処分が出る可能性はある」と話す。

 禁止薬物検出が判明してから、池江調教師はフランスギャロに提出した弁明書の中で早期解決を要望。その甲斐もあり、今月末と見られた裁定は約2週間早く出された。

 JRAから池江郎調教師に対するペナルティーはなく、国内出走も支障はない。今年限りで競走馬を引退して来春から種牡馬入りするディープをレースで見られるのは、来週のジャパンC(26日、東京、芝2400メートル)、中央競馬の総決算・有馬記念(12月24日、中山、芝2500メートル)のGI2レースだけだ。

 「年内、限られたレースに万全の態勢を整えていきます」。引退まで残り1カ月半。ディープインパクトと関係者が汚名を晴らすには、本来の“飛ぶ”走りで最強を示すしかない。


■禁止薬物検出の経緯と調査
 10月13日にフランスギャロから薬物検出の報告と支援要請を受けたJRAは調査員を派遣。池江泰郎調教師、池江敏行調教助手、市川明彦厩務員、帯同した日本人獣医師、通訳、現地での受け入れ厩舎のラフォンパリアス調教師、現地獣医師らに事情聴取を行い、真相解明に乗り出した。
 それによると、9月13日、担当の市川厩務員から「咳が出るため吸引治療をしたい」との申し出があり、21日にフランス人獣医師の処方によりイプラトロピウムを購入。21日から25日まで治療を行った。この間に、2度ほどディープインパクトが暴れてチューブが外れ、馬房内に飛散したことがあったことが判明。
 JRAの西村啓二・馬事担当理事は「イプラトロピウムは、一般的に24時間以内に代謝されるものだが、揮発性が低く、外では安定した状態にあるため、敷料や乾草に付着した場合は残っていることもあり得る」と説明した。また、「日本では治療を行う際は洗い場などでするように指導している。ただ、フランスなどの海外では洗い場というものがほとんどないため、治療を馬房で行うことがある」とし、海外と日本の馬の管理体制の違いも問題の背景にあることをうかがわせた。




■ディープの禁止薬物検出
 JRAは10月19日、凱旋門賞3着のディープインパクトから、禁止薬物のイプラトロピウムが検出されたと発表。この物質は気管支を広げる薬で、気管支炎や肺気腫などの治療に用いる。日本では禁止されておらず、国内での出走は支障がないことを明らかにした。その後、フランスギャロの専務理事が、薬物はフランス人獣医師が処方し、ディープの調教助手か厩務員が投薬についての指示を守らずに継続使用したことが原因と指摘。凱旋門賞失格、3着賞金の支払い停止、池江泰郎調教師への罰金の可能性にも触れていた。




【池江調教師に聞く】



 ――なぜ禁止薬物のイプラトロピウムが検出されたのか?

 「ディープがノドの吸引治療を受けた際、チューブが外れ、敷料(寝ワラ)や牧草に付着し、その一部を馬が摂取した可能性はあります」

 ――ディープにイプラトロピウムを投与したことは以前から知っていた?

 「治療をしたいということは、事前に報告を受けていました」

 ――そのときに馬房内に飛び散ったことも?

 「それは日本に帰って禁止薬物が出てから、事情を現地にいたスタッフに聞いたところ、そういうことがあったと聞きました」

 ――なぜ寝ワラを取り替えなかったのか?

 「ほとんどが(入厩先のラフォンパリアス厩舎から)無料で支給されるもので、できるだけ節約したかった」

 ――国内でもノドの治療はしていた?

 「ノドということではなく、昨年の7月と暮れ頃、風邪をひく前とかに咳をすることがあったので、その時にはしました」

 ――それはイプラトロピウムですか

 「いいえ、消炎剤や抗生物質です」

 ――今回フランスギャロに対して「早期解決」を望む要望を出したようですが?

 「様々な情報が乱れ飛んでいましたから。不信を招くようなことはできないので、裁定が出るまでは話せませんし、早く裁定が出たことは良かったと思います」

 ――裁定が出てから5日間は異議申し立てができますが…

 「不正をしての裁定ではないですが、これを教訓に真摯に受け止めていきたい。異議申し立てはしません」

 ――今回の件でディープの金子真人オーナーは何と言っていますか?

 「オーナーは私に任せると言ってくれています。私と同じ気持ちでいると思いますし、弁明書にもサインしてもらいました」

 ――今、ファンに何と言いたいですか?

 「ご迷惑をかけたことは深くお詫びいたします。不注意の責任は管理責任者の私にあります。ですが、ドーピングなどは一切ありませんし、世界一の舞台にディープと挑戦できたことは誇りに思います。あとは、年内の限られたレースに万全の態勢を整えていきたいと思います」


★16日のディープ



 前日に6ハロン77秒6というド迫力の1週前追い切りを終えたディープインパクトは、坂路でゆったりとしたキャンター調整。4ハロン79秒3で登坂した。「あまりハミを噛まずにゆったり走れました」と池江調教助手は好感触。激しい追い切りも、ディープにとってはいいガス抜きという程度だったようだ。









やっぱり、アクシデントだったのですね

でも、調査の結果がでる前から

すぐ、謝罪したJRAの態度には

今でも、腹がたちます

でも、外国にいって、病気した時点で

負けてたのかもしれません

それから、海外でレースをする時は

日本人の通訳を連れて行くとか

しないといけませんね

角居先生のところなんかは

スタッフは全員、英語がしゃべれるそうです







寝ワラが犯人だったんだニャ~~~~




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
そうだ、そうだ-
寝わらが犯人だったんだニャー。

しかし5日も寝わら変えないなんて
不思議な話。

終わった事は仕方ないですよね。
あとはジャパンカップ応援するのみ!
ーと切り替えています。
2006/11/17(金) 19:36:03 | URL | しんちゃん #rDpKxHGg[ 編集]
寝わらって
寝るときに使うわらでしょ??多分・・
それで感染しちゃうんですね・・
2006/11/18(土) 00:14:52 | URL | 3鉢のサンセベリア #-[ 編集]
コメントありがとうございました

しんちゃんさま
なんていうか、池江先生は、誰かをかばっているのか

誰かに迷惑がかかることを避けているのか・・・

飛行機までチャーターしてる金持ちオーナーに

寝ワラくらい、請求できますからねー

なんか、フランス、かんじ悪いです(^_^;



サンセさま
最初、聞いたとき、へぇー、そうなんだーって、

思ったんですが

なんか、何かのせいにしないと、おさまりのつかない

裏にスゴイことが隠されていそうな結末です(^_^;
2006/11/18(土) 00:21:11 | URL | サワヤカプリンセス #-[ 編集]
馬は「しゃべらん」からね
凱旋門賞かあ。

何か、「シナリオ」か「筋書き」のようなものを感じてしまいます。

本当は、何があったんやろね。
2006/11/18(土) 03:24:14 | URL | 新猛虎道 #-[ 編集]
うーん
ディープ自身がばらまいた犯人だったなんて笑い話だよ!と捉えるか、馬のせいにするなんて何事だ!と捉えるかはひとそれぞれでしょうけどねー。

ディープには残り2戦勝ってもらうしかないですね。馬はなんにもわるくないのに。ディープはがんばったのに。
2006/11/18(土) 03:24:31 | URL | BAR #-[ 編集]
おはようございます^^


もこみちさま
ほんとにねー、真相は永遠に闇の中・・・

いろんな意味で、JC のディープインパクト&豊騎手に

注目したいですネ^^



BARさま
ワラのせいにするなんて、ワラける話ですが

それだけに、絶対 明らかにできない、何かがあったんでしょうねー(^_^;

早く、凱旋門賞 勝てるお馬ちゃん、出てきてほしいです!!^^

2006/11/18(土) 08:50:46 | URL | サワヤカプリンセス #-[ 編集]
オフランスは
いい馬が日本から来たら、国内のお馬が可愛いからつぶそうとするでしょう・・・
外国というのはそれだけ、自分の国の馬とかを守りたいという気持ちが働きますからね。日本に海外から来ても、そういったつぶし行為は行わないでしょうけど・・(多分)
武豊ってアメリカ遠征の時は、いい成績を収めてなかった?
覚えてないけど・・
2006/11/18(土) 10:24:22 | URL | 3鉢のサンセベリア #-[ 編集]
報知ねただけど、
http://hochi.yomiuri.co.jp/publicity/news/20061031-OHT1T00150.htm

インパクトのシャツを発売するそうです。
2006/11/18(土) 15:18:57 | URL | 3鉢のサンセベリア #-[ 編集]
【梅】 頑張れ!ディープ
皆さんのコメントを読んでいると、誰も今回の発表を信じていないようで....。
もちろん、私もその一人ですけどね。

ディープインパクトには、残り2戦をしっかりと勝っていただきましょう!

v-221
2006/11/19(日) 01:35:23 | URL | 梅太郎 #-[ 編集]
サンセさま

意地でも、フランス以外のお馬には

勝たせたくないのでしょうねー

そんなら、なおさら、絶対、いつか

日本のお馬で、優勝してやりたい!!^^


ディープインパクトTシャツ、

実用性ゼロ 

飾っとくしかなさそう(^.^ ;


2006/11/19(日) 01:56:16 | URL | サワヤカプリンセス #-[ 編集]
梅太郎さま


わたし、最初は、え~そんなこと、あるんや~

って、信じかけました(^.^ ;

豊騎手、意地と誇りにかけて

圧勝してくれると 信じています☆^^
2006/11/19(日) 01:58:27 | URL | サワヤカプリンセス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。