時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイショウサムソンを応援します!!^^
2006年10月17日 (火) | 編集 |
ke2006101700-2.jpg



【菊花賞】サムソン3冠へ死角なし!

7頭目の快挙目指し出陣



今年も3冠馬が誕生する-。春の2冠、皐月賞とダービーを完勝したメイショウサムソンが、今週22日の菊花賞(京都競馬場)での史上7頭目の快挙に向けて、期待通りの変わり身を見せている。すでに12戦を消化しているサムソンは、平成6年の3冠馬ナリタブライアン並みの“叩き上げ”の名馬。ブライアン同様、前哨戦は2着に敗れたが、叩かれての効果は抜群で、陣営のトーンも一気に上がってきた。ディープインパクトに続く2年連続の3冠馬誕生に向け、ムードは高まっている。



 史上7頭目の3冠達成へ、“叩き上げ”の真骨頂を発揮する舞台がやってきた。メイショウサムソンは前走の神戸新聞杯で2着に敗れたが、休み明けを叩いた、この菊花賞こそが勝負。前哨戦はあくまでも前哨戦と、陣営に悲観の色はない。

 「いいですね。1度使って体が締まってきました。落ち着きが出て、力みも取れたし、いい頃の状態に戻っています。カイバをよく食べるけど太め感はないし、運動でも素軽くなりました。前回はボーッとしていたのが今は周りの気配にも敏感になっていますね」

 栗東トレセンが休日の16日朝、担当する加藤繁雄厩務員は笑顔で上昇を強調。そして折り合いを欠き、他馬に迷惑をかけるシーンもあった前走について「使う前からどこか力んでいた」と完調手前だったことを認めた。

 主戦の石橋守騎手が常に「実戦を使えば使うほどいい。けいこでもひと追いごとに良くなる」と言っているように、実戦を使ってスイッチが入るタイプ。敗戦もクビ差だけであり、「離れた外から出し抜けをくらったような感じ。馬体が合わさっていたら違った」と手応えは十分にあった。

 “実戦を使って変わる”。これは叩き上げの馬に見られる共通項だ。昨年の3冠馬ディープインパクトは、サムソンと対照的なエリート。休み明けを苦にせず無敗の快進撃を続けた。サムソンが似ているのは、平成6年の3冠馬ナリタブライアンだ。菊花賞前までに12戦を消化していたブライアンは、秋初戦の京都新聞杯で2着。しかし、菊花賞では7馬身差圧勝した。奇しくもサムソンもキャリアは同じ12戦。“叩き上げ”の代名詞ともなる名馬ブライアンとの共通項は、決して偶然ではない。

 「体重は前走と変わらないけど、体が引き締まってきたな。距離が延びるのはプラス。今回は結果を出したい」と瀬戸口勉調教師が3冠への意を強くする。過去に手掛けたオグリキャップ(昭和63年、平成2年の有馬記念2勝など)も叩き上げの名馬だった。3年前のネオユニヴァースは菊花賞(3着)を勝てず2冠止まり、また自身は来年2月一杯で定年となるだけに、ラスト3冠に全精力を注いでいる。

 12日にはDWコースで6ハロン77秒6の一番時計をマークして、騎乗した石橋守は「ひと叩きで落ち着きが出てきました。3冠がかかるので気を引き締めて臨みたい」と気持ちを込めた。2年連続の3冠馬誕生も、昭和58・59年にミスターシービーとシンボリルドルフの例があり、再びの快挙も不思議はない。叩かれて変わったメイショウサムソンが、史上7頭目の3冠馬として、その名を歴史に刻み込む。
(黒田栄一郎)

■3冠とは
 近代競馬の発祥の地、英国の3歳牡馬(牝馬も出走は可)による2000ギニー(芝1600メートル、今年は5月6日=以下同)→ダービー(芝2400メートル、6月3日)→セントレジャー(芝約2920メートル、9月9日)を範に皐月賞(芝2000メートル、4月16日)→東京優駿=日本ダービー(芝2400メートル、5月28日)→菊花賞(芝3000メートル、10月22日)の3冠の体系が設けられた。最も速い馬、あるいは最も完成が早い馬が勝つのが2000ギニー、最も幸運な馬が勝つのがダービー、最も強い馬が勝つのがセントレジャーという格言がある。

■世界の3冠馬
 英国では3冠の体系が整って約200年の歴史で70年ニジンスキーまで15頭の3冠馬が誕生。ただ、近年は距離を幅広くこなすという考えは希薄になり、体系は崩壊したのも同然の状態になっている。3冠体系は事実上ない国の方が多いくらいだが、数少ない中で盛り上がっているのが米国と日本。米国の3冠はいずれもダートが舞台でケンタッキーダービー(2000メートル、今年は5月6日=以下同)→プリークネスステークス(1900メートル、5月20日)→ベルモントステークス(2400メートル、6月10日)で構成。距離の幅は小さいが、短期間に実施されるのが特徴だ。体系ができて約130年の歴史で3冠馬は11頭誕生しているが、タフでなければ通用せず、78年アファームド以降途絶えている。日本は65年の歴史で昨年のディープインパクトまで6頭誕生。





061017ke20061017001_.jpg



松本好雄オーナー



★松本好雄オーナーに聞く
 --いよいよ菊花賞、3冠ですね
 「ダービーが終わった時点では凄い夢をつかんだんだから、もう…と思っていたんです。だけど夏を順調に過ごし、神戸新聞杯も負けたけど上々の競馬。せっかくのビッグチャンスと思うと2冠でも上等なのに、獲りたい意識が出てきて…。それがプレッシャーになってきますが、僕しか味わえない、いいプレッシャーではあります」

 --ディープインパクトの翌年に、3冠に挑戦する立場になりました
 「本当に夢のような話です。ダービーが頂点で関係者はそれに向かっていくわけですけど、3冠に向かって…とは考えませんからね。その可能性がある自分は幸せです」

 --菊花賞に向け、瀬戸口勉調教師、石橋守騎手にかける言葉は?
 「ご苦労さんかな。僕らでもプレッシャーがあるのに、瀬戸口先生の気持ちは想像を絶するものがあります。結果が問われる石橋くんもどんな気持ちでいるのかな…。勝っても負けてもご苦労さんの会を開きたい」

 --大レース前に必ずやることはありますか?
 「両親の仏前で手を合わせます。それとメイショウボーラーでフェブラリーS(平成17年)を勝った時、北海道浦河の杵臼神社にお参りしたんです。サムソンの皐月賞、ダービーの時も行きました。今回も行きます」

 --サンデーサイレンス最後の世代の年に、全く違う血統の馬(父オペラハウス、母マイヴィヴィアン、母の父ダンシングブレーヴ)が3冠を狙うことになりましたね

 「最近のクラシックはブランドの牧場、厩舎、騎手、馬主で決まる傾向が強かった。そこに日高の小さな牧場(浦河町の林孝輝氏生産)から凄い馬が現れた。一生懸命に前を見て、コツコツ仕事をしていれば幸運に出逢えるんだと、他の牧場に勇気と希望が出るような馬の出現と思います」


 --改めて3冠への思いを聞かせてください
 「期待と不安、といった感じですね。当日は会社の従業員が170~80人ほど観戦にきます。よけいにプレッシャーがかかる(笑)。ドキドキしながら競馬場に行くことになるでしょうね」

■松本好雄(まつもと・よしお)
 昭和13年1月6日、兵庫県明石市生まれの68歳。大型ディーゼルエンジンのクランク軸で世界シェアの4割を占める(株)きしろ、きしろ商事(株)、明石化成工業(株)のきしろグループ・代表取締役を務める。船舶部品など産業機械分野で活躍する企業は約400人の従業員を抱えている。昭和48年に馬主となり、57年にメイショウキング(カブトヤマ記念)で重賞初制覇。平成13年にメイショウドトウ(宝塚記念)でGI初制覇。そして今年はメイショウサムソンで皐月賞、ダービーの2冠を達成。現在は現役馬約100頭を含む約250頭を所有。JOA日本馬主協会連合会の会長としても競馬界に尽力している。





わたしのまわりには、

サムソンに三冠はふさわしくない

というと意見の人が多いんです







松本オーナーのコメント

<「最近のクラシックはブランドの牧場、厩舎、騎手、馬主で決まる傾向が強かった。
そこに日高の小さな牧場(浦河町の林孝輝氏生産)から凄い馬が現れた。
一生懸命に前を見て、コツコツ仕事をしていれば幸運に出逢えるんだと、
他の牧場に勇気と希望が出るような馬の出現と思います」












他の牧場に

勇気と希望が出るような

素晴らしい結果が

でますように



ディープインパクトみたいな

エリートの三冠馬もいれば

サムソンみたいなタタキあげの仔もいる

いろんな仔がいててええやんね~







face_fight.gif








サムソン、がんばって欲しいニャ~~~~


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
>サムソンに三冠はふさわしくない
オイラも正直?そう思いますw
すいましぇーん。なんかー
頭おおきいのと、寸胴腹みたいで
プロレスラーみたいなお馬さんやね。

ドリームパスポートを応援しましゅ。
フジキセキが好きやったし、青鹿毛が
かっこいい!

フサイチジャンクも青鹿毛。
青鹿毛で1、2着だと嬉しい!

:@っっw
2006/10/17(火) 23:41:01 | URL | しんちゃん #-[ 編集]
しんちゃんさま



ほらネ~(^.^ ;

でも、杵臼神社のご利益は

スゴイんだゾォ~~~~^^


※丼さんが、ハン、シバクって

いってはりましたヨ~

アメブロに投稿できないので

ここで、コメントさせていただきました(^.^ ;
2006/10/18(水) 00:02:24 | URL | サワヤカプリンセス #-[ 編集]
シービーみたいだな、サヌソン
ルドルフとシービーみたいなもんかな。

あの時は、シービーが先に3冠とったからアレだけど、逆だったら、
ふさわしくないって言われてたような。

けど、私はルドルフよりシービーが好きだし、
サムソンが獲ってもいいかと3冠。

ってか、ここまで来たんだし獲らしてやりたいなぁ~。

ディプの時は、応援してなかったけど・・・・。
2006/10/18(水) 00:21:37 | URL | ゼットン #-[ 編集]
ゼットンさま、こんばんは~^^


なんか、かわいそうでしょう、サムソン(^_^;

カワカミ姫もそうですが、

今年は、小さな牧場生まれの仔が

脚光を浴びる年なのかもしれません^^

松本オーナーにも、とらせてあげたいんですよね、spは(^.^ ;

2006/10/18(水) 00:52:30 | URL | サワヤカプリンセス #-[ 編集]
【梅】 がんばれサムソン
ディープは血統的にも超一流のエリートでハンサム。
一方、サムソンは地味な血統で、顔はブサイク。(失敬!)

でも、3000メートルの距離適正という点では、サムソンの方が上かも?
何事もなく1週半してくれば勝てると思っています。

がんばれメイショウサムソン!
2006/10/18(水) 01:05:34 | URL | 梅太郎 #-[ 編集]
梅太郎さま


よかった、応援団が、増えて^^

豊 & 典 包囲網 コワイけど

石橋騎手、がんばるんだヨ~~~^^
2006/10/18(水) 01:11:43 | URL | サワヤカプリンセス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。