時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナイスガイ 片岡篤史選手 感動をありがとうございました
2006年10月13日 (金) | 編集 |

061013tig20061013003_.jpg



【あいさつ前文】
最初に、このような自分にこのような場を与えてくださった阪神球団、岡田監督、コーチ、選手、中日球団のみなさま、そして最後まで残ってくださったファンのみなさま、本当にありがとうございます。日本ハムで10年、阪神で5年。日本ハムでは土橋監督、大沢監督に使っていただき、野球人としての土台を築かせていただきました。阪神に来てからは、思うような成績が残せず、何度も泣きながら…(涙でしばらく絶句)泣きながら…球場を後にしたこともありました。高校時代に教わった、気合と根性を前面に出して、戦ってきましたが、もう限界です…(しばらく絶句)。夢に見た甲子園で、8歳から始まった野球人生を、夢舞台で、これだけのファンの前で終えることができた自分は、幸せです。生んでくれた両親、支えてくれた家族、素晴らしい先輩、素晴らしい友、素晴らしい人生…与えてくれた野球に感謝します。15年間、本当にありがとうございました!



061013tig20061013002_.jpg



【裏話】
片岡はこの日も新室内練習場で恒例の早出特打を終えると、報道陣を集め、コーラを配った。 「これで最後や。乾杯しよう。こうやって1つ1つ、終わっていくけれど、今まで本当にお世話になりました」。前日の会見の記事にも、番記者たちへ「いい記事を書いてくれてありがとな」と頭を下げた。 試合後の囲み取材。涙ナミダだったが、最後に「一時期は本当に怖かった阪神ファンが、最後は温かく見守ってくれた」と笑わせた。その気遣いも片岡らしかった。




061013tig20061013001_.jpg



★竜・立浪も涙で
 中日・立浪がPL学園の同級生・片岡の最後の一戦に男泣き。試合後のセレモニーでは花束を渡し、抱き合って涙。片岡の挨拶を聞きながら何度も涙をぬぐい、グラウンドを1周して三塁ベンチ前に来た片岡と再び抱き合い、また泣いた。
 「僕と片岡は、ただの友達じゃない。37年間生きてきて、親友を通り越した仲です。あれだけの阪神ファンの前で、あれだけのセレモニー。僕もうれしいです」
 落合監督の計らいで、3番・左翼でスタメン。七回の片岡の最終打席は、立浪の頭上を越える二塁打。「打球が伸びてた。アイツの打球が最後に僕のところへ飛んで来た。よかった…」と、しみじみと振り返っていた。






番記者特別版
 つぶやくような鼻歌が今も、耳に残っている。屈辱の虎1年目を過ごし、雪辱を期した03年。開幕を故障で出遅れた4月。甲子園の三塁側ブルペンでマシン相手に早出特打を行い、ひとり球拾いをしていた片岡から、ちいさな歌声が漏れてきた。
 『知らんのか? 流行の曲やで』。耳をすませた.。SMAPの『世界にひとつだけの花』が聞こえてきた。「ええ曲やなあ・・・」。バットを持つと再び、マシンに向き合った。
 ナンバーワンではなくオンリーワン。片岡の阪神での5年間は自分との激しい戦いだったと思う。今まで出来ていたことができない。もどかしさと葛藤に正面から向き合い、ひたすら練習を重ね、抗ってきた。「結果には悔いが残るが、自分がやってきたことに関して悔いはない」。会見での言葉が全てを物語っていた。
 馴染みの焼肉屋へ行けば「おいしい焼き方があるんや」と自分が焼き、みんなに配った。ふとした気遣いや男気。選手、関係者、報道陣、誰もがその人柄を愛した。実績からいえば、結果を残せなかった5年間。しかし片岡は間違いなく“ひとつだけの花”だった。(阪神担当サブキャップ=堀 啓介)






阪神ファンは、今、目の前にあるものにだけ反応しますので、キツイやじ 恐かったと思います








◆同期の37歳・片岡について阪神・桧山
「野球人としてだけでなく、彼を知れば知るほど、味がある人間だとわかる。みんなから人望もある。いいところで終われたと思う」



片岡選手へのおもいがあふれた記事は

こちらを ごらんください

http://shinmoukodo.way-nifty.com/kakisute/







ほんまに、ええ歌ですね~






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
今シーズン
結果が残せなかった片岡ですが、スポーツ紙がそのことをボロクソに叩いている記事は、あまりなかったような気がします。

今日のスポーツ紙4紙を見ましたが、どの番記者も、活躍と不振をおりまぜ、人柄に打たれたことを書いていました。

記者たちは、片岡が早出で練習して努力している姿を見ていたことと、ファンが知ることはなかった“友情”とも言える関係が片岡と記者の間にあったのでしょう。

SPさんの記事を見て、そう思いました。

さあ、あと2試合。
阪神、応援するぞぉ~~~^^
2006/10/13(金) 12:52:43 | URL | 新猛虎道 #-[ 編集]
03年の特番で
阪神ファンが怖かったとか言ってましたよね・・・・

PL出身者って余計に期待されちゃうのとちゃうかな?

特に甲子園って言うのもあるだろうし・・

嫌いな選手では無かったですよ。

ええとこのお兄ちゃんって感じの人ぽかったですね・・
「今までありがとう」ていいたいですね・・・
2006/10/13(金) 13:12:57 | URL | 3鉢のサンセベリア #-[ 編集]
コメントありがとうございました^^




もこみちさま

ナイスガイ

片岡選手のためにある言葉だったのですね^^

ほんとに、感動した引退試合&セレモニーでした

阪神のコーチとして

もどってきてくださることを

楽しみにして

待ちたいと思います^^




サンセさま


阪神は、人間のできた、かんじのいいおにいさん

多いですね~^^


解説者、何チャンネルのところに

なりはるんでしょうか??



でも、阪神ファンも、ええとこありますよね

みんなで 温かく 送り出すことができて

よかったですー^^


2006/10/13(金) 14:19:58 | URL | サワヤカプリンセス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。