時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安藤勝己騎手、JRA通算1000勝達成 おめでとうございます^^
2010年01月30日 (土) | 編集 |



安藤勝己騎手(49)=栗東・フリー=は30日、京都3R・3歳未勝利(ダ1400メートル)で2番人気のトウカイレジーナ(牝3歳、栗東・安田隆行厩舎)に騎乗して1着となり、JRA通算1000勝を達成した。JRA史上24人目、現役では11人目。
 勝利ジョッキーインタビューでは、活力となる若さを保つコツ、秘訣は?と聞かれ「別にこれといって何かしているわけでじゃないですけど、ただ次の日のことを考えて競馬に乗っていますから、それがいいんだと思います」とコメント。さらに「声援に応えられるよう、精一杯頑張りますので、これからも声援よろしくお願いします」と、ファンにメッセージを送った。
 安藤勝騎手は76年、笠松競馬場でデビュー。長年、笠松および東海地区でトップジョッキーとして活躍した後、03年にJRAに移籍した。移籍1カ月弱で高松宮記念(ビリーヴ)を制しGI初制覇を成し遂げると、同年秋にはザッツザプレンティで菊花賞を勝ち、クラシック初制覇も達成した。
 このほか、04年にはキングカメハメハでNHKマイルC、日本ダービー、07年にはダイワスカーレットで桜花賞、秋華賞などを制し、JRA・GIは通算20勝。重賞は68勝を挙げている。






今日も、7Rで 3連複

とらせていただきました~(≡^∇^≡)

ゼンノロブロイみたいな安勝さん

これからも

よろしくお願いいたします☆^^






スポンサーサイト

ユーイチが戻ってくる!! 良かった良かった^^
2010年01月12日 (火) | 編集 |




いよいよファン待望の復帰が決まった。昨年12月19日に阪神5Rで騎乗馬オウケンサクラがゲート内で暴れた際に落馬し、右ひじ関節脱臼で戦線離脱しているユーイチが、23日の京都競馬から2010年のスタートを切る。
 「焦らずゆっくりと万全な状態で復帰しようと思っていましたが、予想外に肉体の方が回復しちゃったので、復帰することにしました」
 現在、復帰に向けてリハビリ中のユーイチの声も明るい。珍しくおどけたように“しちゃった”という言葉を使うところに、想像以上の回復だったことがうかがえる。
 全治1カ月の診断だったが、復帰の時期を定めず、完治するまで絶対に無理をしないと決めていた。靭帯(じんたい)を損傷した右腕を固定していたギプスを6日に外し、本格的なリハビリを開始。都内にある東芝病院の高気圧酸素治療、直江医院の電気治療に、タレントのヒロミが経営する加圧スタジオ「515」で加圧トレーニングを行うと、劇的な効果を見せた。
 「病院では(復帰が)16日でも間に合うという診断でしたが、万全を期して(1週間後の)23日にしました。おかげさまで、かなりのレベルまで回復しています」
 復帰週には栗東トレセンで調教に騎乗し、最終チェックを行う予定。
 「いろんな人に迷惑をかけましたし、取り返したい気持ちが強いですね。中途半端な復帰ではなく、万全の状態で戻れそうです。僕を応援してくださっているファンのみなさん、もう少しで復帰しますので、待っていてください」
 23日の京都競馬場では、ユーイチが以前と変わらない手綱さばきで魅了してくれるはずだ。



どこか頼りないユーイチですが


みなさま、よろしくお願いいたします☆(笑)


>タレントのヒロミが経営する加圧スタジオ「515」

最近、あんまし見ないと思ったら
こんなことしてたんだ^^










一方、

皇成がきっかけ…JRA史上最多9頭が落馬





JRA史上最悪の落馬事故で、昨年の全国リーディング、内田博幸騎手が骨折した。
 事故が起きたのは、11日の中山4R新馬戦(ダート1800メートル)で16頭が出走。(10)番ノボプロジェクトがスタートを決めると、先頭に立ってレースを進めた。4コーナーから直線の入り口に差しかかった瞬間、中山競馬場のファンの歓声が悲鳴に変わった。(10)番が左後肢を外に振る仕草を見せると、2番手から進出を図った(12)番の右前肢と接触。(12)番が大きく躓いてジョッキーが落馬。その直後、真後ろにいた馬たちが(12)番をよけようとして(9)番と(4)番が横向きに落馬。後続も影響を受けて中央競馬史上最多の9頭が落馬、競走を中止した。
 この事故で6人の騎手が負傷のため乗り替わりとなり、(4)番ライラックパンチに騎乗していた内田博騎手は左腕の尺骨近位骨幹部骨折と診断された。落馬直後に頭部を守ろうとしたそうで、「頭を抱えている左腕に蹄が当たったようです。腕じゃなかったら、頭に当たっていたはず」と恐怖の瞬間を口にした。
 内田博は公営・南関東所属時代から中央でも活躍し、08年に移籍。09年はJRA146勝を挙げて、7年連続18度の全国リーディングに君臨した武豊騎手を抑えてトップ。地方と中央の両方で史上初の全国首位の快挙を成し遂げた。新年を迎えても手綱は冴え、中央競馬初日の5日には4勝の固め勝ち。この日も1Rで1着となり、5R以降の8鞍は全て乗り替わりとなったが、8勝は11日終了時点でトップだ。負傷の全治は不明で、今週は騎乗をキャンセルするが、「大丈夫。すぐ戻ります」と気丈に語り、競馬場を後にした。
 事故の原因となった(10)番に騎乗していたのは三浦皇成騎手。大差の1位で入線したが、他馬への進路妨害が大きな落馬事故を招いたとして、馬は失格、三浦騎手は4日間の騎乗停止処分を受けた。レースの合間には、負傷した騎手たちが乗る予定だった馬の調教師ら関係者にひたすら頭を下げて謝罪していた。昨年12月19日に20歳になった青年には、悪夢の成人の日となってしまった。




>負傷の全治は不明で、今週は騎乗をキャンセルするが、
「大丈夫。すぐ戻ります」と気丈に語り、競馬場を後にした。



内博さん、やっぱ、根性が違うわ~(感心)


軸として頼りにしてますので


早く戻ってきてくださいね~^^


(でも、大事にいたらずに、ほんとによかった・・・)



またしても、ニア・ミス(^▽^;)
2010年01月08日 (金) | 編集 |




16,033,800円が・・・



これで、ニア・ミス 2回目です(^▽^;)




微妙にクジ運悪いです^^;





金杯ですね~^^
2010年01月04日 (月) | 編集 |










去年から


ドラゴンファングで行こう!!


と決めてました(笑)


もちろん、枠連でも、おさえますが^^


当たりますように☆(≡^∇^≡)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。