時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウオッカちゃんは、勝てました^^
2009年11月29日 (日) | 編集 |



29日、東京競馬場で「第29回ジャパンC」(GI、芝2400メートル)が行われ、C・ルメール騎手騎乗で1番人気のウオッカ(牝5歳、栗東・角居勝彦厩舎)が直線で抜け出し、オウケンブルースリの猛追をハナ差しのいだ。タイムは2分22秒4(良)。ウオッカはシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクトに並ぶJRA・GI7勝目という偉大な記録を達成した。また、牝馬のJRA・GI7勝は史上初。
 レースはエイシンデピュティ、アサクサキングスが好スタートを切りハナを主張したが、すぐに武豊騎手騎乗のリーチザクラウンが2頭を交わして先頭に立った。ウオッカは先頭集団のすぐ後ろ、オウケンブルースリ、スクリーンヒーローは中団待機の競馬となった。


C・ルメール騎手
「行きたがるところもあったが、最後の直線に備えて力を温存した。ウオッカが本当によく頑張ってくれた。最後は際どくなったが、ゴールの瞬間は勝ったかどうか分からなかった」



ウオッカちゃん



スゴイ 女の子ですね~



牝馬初のGI7勝目!!



史上最強牝馬で 誰も文句はないと思います^^
(私的には、スカーレットちゃんだって最強系ですが^^)




来年は、海外挑戦だと思いますが



まずは、ドバイでしょうか??



ローテが気になります☆



ルメール騎手・・・



鈴木由希子TMが、
『初騎乗のルメール騎手が2週連続手綱を取って丁寧に呼吸を合わせていることは本番に役立つはず。』


とおっしゃってたように



まさに好騎乗☆



豊さんは、少し腕が落ちたのでしょうか??



なんか、複雑なものが残った JCでした^^;





スポンサーサイト

JC 予想^^
2009年11月29日 (日) | 編集 |



気分はもう、有馬記念??


↑ なんでやねん!! (笑)



占い馬券は、



アサクサキングス が 1位



あと、ウオッカ、ヤマニンキングリー、エアシェイディと続きます




今のところ、


ウオッカ、マイネルキッツ、リーチザクラウン、

オウケンブルースリ、 インターパテイション、コンデュイット


は、押さえる予定で~す^^









JC予想☆ ウオッカは勝てるでしょうか??
2009年11月23日 (月) | 編集 |





牝馬最多のGI6勝を挙げているウオッカに強力なパートナーだ。7冠がかかる次走のジャパンCで、短期免許で来日中のクリストフ・ルメール騎手との新コンビが実現する。
 ルメールは当初、エリザベス女王杯で4着だった仏GI馬シャラナヤに騎乗予定だったが、同馬が来年も現役続行することを理由に17日に招待を辞退。騎乗馬がいなくなり、ウオッカとのコンビが可能となった。
 18日には栗東CWコースで1週前追い切りで自ら感触を確かめた。ポップロック(牡8オープン)、エアウルフ(牡2、500万下)と3頭併せ。直線は最内に潜り込んで5ハロン68秒5、3ハロン38秒3-11秒7(馬なり)でポップに半馬身、エアに1馬身先着した。「リズム良く、力強い走りでナイスインプレッションだった。パワーがあって乗りやすく素晴らしい」と絶賛した。
 ルメールは、04年の天皇賞・秋でテン乗りだったダンスインザムード(13番人気)を2着に導くなど名手ぶりを発揮。ジャパンCは04年コスモバルク、05年ハーツクライと2年連続で2着はあるが、まだ優勝は手にしていない。
 「牝馬でダービーを勝つなんてボクには信じられないくらい。そんな馬に乗れるのは幸せだし、角居師やスタッフ、オーナー(谷水雄三氏)に感謝したい。能力を出し切る乗り方で(ウオッカの)強い競馬を見せたい」。ルメールはウオッカの7冠達成に意気込みを見せていた。



豊さんから、ルメールへ・・・


鞍上になんとかしてもらいたい


ってことですね^^;


JCの リンク枠は 2 か 7


毎年のように 外国人騎手が 3着以内入ってきていますが


今年は、外国人 多過ぎ~~~~



レーティング


コンデュイット 強そうですね~



岩田騎手から 左右に22数えた馬


またまた 連対するでしょうか??






エリザベス女王杯(GI)予想^^
2009年11月13日 (金) | 編集 |

枠順確定



リンク枠は 7


ブエナビスタちゃん


内枠 にならなくて


よかった~~~~~^^;



ジェルミナル

リトルアマポーラ

シャラナヤ

ブロードストリート



それに、買わないとくる 池添騎手の

メイショウベルーガ


それに ひょっとしての ミクロコスモス


こんなところでしょうか??

※配当は 低そうだニャ(^▽^;)




ブエナビスタちゃんが勝つのダ^^
2009年11月10日 (火) | 編集 |




GIシリーズが再開し、エリザベス女王杯から有馬記念まで7週、大一番が続く。今週の主役はブエナビスタ。2位→3着降着という悪夢の秋華賞と同じ京都コースでも、内回りから外回りへのコース変更、さらに200メートルの距離延長はブエナにとって好材料。阪神JF、桜花賞、オークスに次ぐGI4勝目を飾って、改めて女王の座に就く。

秋華賞でレッドディザイアのハナ差2位から3着降着となったブエナビスタが、雪辱をかけてエリザベス女王杯に出走する。

 厩舎業務が全休日の9日朝、滋賀県栗東トレーニングセンターの自厩舎で松田博資調教師は「何の不安もなく調整できている。いうことなしやな」と晴れやかな表情で話した。前日のGIIIファンタジーSでタガノエリザベート、ベストクルーズと管理馬がワンツーを決めただけに松田博師は爽快。女王杯も最高のリズムで迎えることができる。

前走と同じ京都コースでも、今度の舞台は絶好だ。秋華賞は1周1783メートル、直線328メートルの内回りだったのに対し、女王杯は1周1914メートル、直線399メートルの外回り。200メートル延びる2200メートルも、じっくりレースを運びたいブエナビスタには有利になる。

 6年ぶり史上3頭目の牝馬3冠の座を逃した秋華賞も、コースが敗因にあげられる。4コーナーで少し外に進路を変えて追い上げようとした時、ちょうどスパートを開始したブロードストリート(3位から繰り上がり2着)の前に入る形になってしまった。斜行の度合はそれほどでもなかったが、あまりにもタイミングが悪かった。だが、それも直線が短いことがコーナーでの追い上げにつながったといえ、じっくり進めるコース設定なら、もっと余裕を持ってレースができたはずだ。

 安藤勝己騎手は「そんなにひどい動きはしていないし、急に外に行ったわけでもない。でも、こういう結果になれば、誰かに責任がある。それは前にいる馬(ブエナ)だよね」と割り切り、今月1日までJRA開催日4日間騎乗停止のペナルティーを受け入れた。その後は7日のGIII武蔵野Sのワンダーアキュートで早くも重賞制覇を飾ったように、49歳のベテランはリズムを取り戻している。

 外回りの好材料はまだある。4コーナーのカーブがゆるく馬が密集しやすい内回りと違い、カーブがきつく、さらに3~4コーナーの下り坂で勢いがつくので馬群がばらける傾向にあるのだ。直線勝負にかけるブエナにとって、これ以上ない舞台だ。

 「普通に競馬をしてくれればいい。結果はどうなるか分からんが、みんなが納得する競馬ができれば」と松田博師。“みんなが納得する”とは、豪快に直線を突き抜ける競馬に他ならない。



【エ女王杯】ブエナ満点トップ…データ解析

 ◆GI、牡馬混合戦以外での前走大敗馬は割り引き 連対20頭の前走を見ると、4着以下に負けていた馬が7頭いる。しかし、この7頭はすべて前走がGIか、牡馬混合戦だった。牝馬限定のGIIIや、それ以外のレースで大敗しているようでは大幅な割り引きが必要となる。また、連対20頭はすべて前走で重賞に出走。条件戦やオープン特別からの参戦では苦戦必至だ。
 ◆近況不振馬苦戦 前2戦続けて4着以下の不振から巻き返して連対したのは3頭いるが、このうち2頭は前2戦とも牡馬相手のGII以上だった。残る1頭リトルアマポーラは、前2戦がオークスと秋華賞。よほどハイレベルなレースに出ていない限り、前2戦とも4着以下では減点だ。
 ◆実績重要 連対20頭すべてが満たしていたのは、重賞勝ちまたはGI2着の実績。どんな上がり馬でも、実績がなければ通用しない。
 ◆6歳以上不利 9頭が挑戦して、GIを3勝していたスイープトウショウの3着が最高。
 ◆連対率 連対20頭の通算成績を見ると、19頭は40%以上の連対率を誇っていた。安定感も重要なポイントとなる。
 《外国馬》
 ◆実績 過去6頭はいずれもGI未勝利。オペラ賞勝ちのシャラナヤは明らかに格上で減点の必要はない。
 ◆距離経験 日本馬のデータだが、20頭中18頭は2400メートル以上の経験があった。シャラナヤは経験した最長距離が2100メートル。多少の不安が残る。
 ★結論
 ブエナビスタとブロードストリートの人気2頭は死角がないが、GI3勝のブエナを上位に評価する。他の日本馬はほとんどが複数の項目で減点。GIオペラ賞勝ちのフランスのシャラナヤも侮れない存在だ。(データ室)



【エ女王杯】ブエナ、年間賞金4億円突破へ

GIシリーズが再開し、エリザベス女王杯から有馬記念まで7週、大一番が続く。今週の主役はブエナビスタ。2位→3着降着という悪夢の秋華賞と同じ京都コースでも、内回りから外回りへのコース変更、さらに200メートルの距離延長はブエナにとって好材料。阪神JF、桜花賞、オークスに次ぐGI4勝目を飾って、改めて女王の座に就く。
 ブエナビスタがエリザベス女王杯を勝てば、牝馬としては史上4頭目のJRA年間獲得賞金4億円突破となる。これまでに年間4億円を突破した牝馬は、94年ヒシアマゾン、03年スティルインラブ、07年ダイワスカーレットの3頭。ウオッカでも年間4億円超えは達成していない。




>7日のGIII武蔵野Sのワンダーアキュートで早くも重賞制覇を飾ったように、49歳のベテランはリズムを取り戻している。


安勝さんを軸にしてたら

とれてたのに~~~~^^;

今度は、絶対 軸 にします!!(笑)






トウカイテイオー、東京競馬場でお披露目!
2009年11月07日 (土) | 編集 |



91年のダービー馬で、現在は種牡馬として活躍しているトウカイテイオー(牡21)が7日と8日の両日、東京競馬場でお披露目される。7日は昼休みのパドックとローズガーデンで、8日はローズガーデンのみでの展示。トウカイテイオーの東京競馬場への来場は94年の引退式以来のこと。1年の休養明けで奇跡の復活を果たした93年の有馬記念などドラマチックな競走生活を送った名馬を間近で見ることのできる数少ないチャンスだ。
 7日には先着1000人に「トウカイテイオー号来場記念抽選会」の抽選券、8日には先着2万5000人に記念ポストカードと、ジャパンC当日(29日)に抽選会が行われるグッズ抽選券が配布される。





なんだそうです^^



ワタクシの競馬カレンダーの今月のフォトも



トウカイテイオー・・・




AR共和国杯に、なにか関係あるのかな~~??^^;




今のところ ジャガーメイル 軸 でいくつもりです☆



アーネストリー と トウショウウェイヴ



がなんか気になるな~^^












大橋トリオ
2009年11月04日 (水) | 編集 |


最近のお気に入りです


大橋トリオ


なんだか、ホッコリします~~~~^^










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。