時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


林ちゃん、最高~~~♪^^ と積み上げる の巻~(笑)
2008年08月27日 (水) | 編集 |
8/29



1回裏2死1,2塁  先制タイムリーを放ち山脇コーチとグータッチの阪神・林


 (セ・リーグ、阪神7-5巨人、17回戦、阪神10勝7敗、29日、甲子園)Gに引導、Mが点灯-。阪神は林威助外野手(29)、関本賢太郎内野手(30)が4本の適時打を放って、計5打点。巨人をネジ伏せ、優勝マジック「25」が点灯した。もう、Mの火は消さん! 「林関コンビ」が新井を欠く打線の新代名詞や!!

ソノ気にすらさせない。淡い希望も持たせない。それが王者の姿。「リン」-「セキ」-「リン」-「セキ」の鮮やかな“ハーモニー”で、引導シリーズの初戦に快勝した。林&関本で『5安打5打点』。M25の点灯を告げるウイニングボールもまた、林のグラブに収まった。
 「いいところを見せられてよかった。昨年、母が来たときにはあまり勝てませんでしたから。チームにとっても、大事な試合でしたからね」

 宿敵の一縷の望みを木っ端みじんに打ち砕いた記念すべき夜。三塁内野席に兄・威名さん(31)がいた。昨年12月の右肩手術で開幕に出遅れ、7月初旬には左ひざ負傷で離脱。「とても呼べる状況じゃない。もっと活躍してからです」。愛する家族の来日を封印していた。それを解いた初日だった。

 一回二死一、二塁。先発・金刃の直球をフルスイング。ふわりと浮いた打球は気持ちが乗り移ったかのように中前に落ちた。意地の詰まった先制打だった。
 「変化球もタイミングがあったときに、一球で仕留められるようにしないといけない」

 2発目は有限実行で完ぺきにとらえた。三回二死一塁。ボールのあと、スライダーをとらえて右中間フェンス直撃の三塁打で4点目だ。

 「林が打ってくれて、すごく楽な気持ちで打席に入れた。(猛打賞が)自己最多とは知らなかったです。得点圏打率…もっと打ちたいですね」

 5番の一打に関本が続く。一回は右中間を破る2点二塁打。五回は6点目をたたき出す左越え二塁打を放ち、七回には遊撃内野安打。今季11度目の猛打賞は06年の10回を更新する自己最多。得点圏打率・432で、1位の内川(横浜=同.466)を視野に入れた。

 「初回は大きかった。林は当たりはよくなかったけど、二死から先制したしな。その後のセキの3点目も大きかったよ」

 岡田監督は目を細めた。試合前のミーティングで「普通にタイガースらしい野球をやろう」と呼びかけた。直接対決を制して「M25」。7得点のうち、バルディリスの一発以外は全て二死後。岡田野球で4連勝で乗り込んだGに引導を渡した。












アニキはいつもお茶目です^^


 (セ・リーグ、阪神4-0中日、18回戦、阪神13勝4敗1分、26日、甲子園)オレたちがいる!! 阪神は金本知憲外野手(40)と林威助外野手(29)の2打点共演で、中日に快勝。試合前、新井の「腰椎疲労骨折」による長期離脱が決定。そのショックを振り払って、今季5度目の5連勝。リハビリを始めるチームメートに捧げるKL砲の揃い踏みだ。

 アニキの親心が白球を押した。復帰予定の新井が腰椎疲労骨折で緊急離脱。再び垂れこめた暗雲を金本のバットが振り払った。

 「最後に投げる投手のことを考えたらよかったよ。(2点差なら)いきなり球児やったんか? そういうことならよかったかもしれないな」

 2点リードの八回一死一、二塁、2番手・長峰の直球を振り抜いた。左中間を深々と破ると、一走・鳥谷の際どいタイミングでの本塁突入を助けるため、一気に三塁へ。憤死の間に決定的な4点目を奪った。「クロスプレーになると思ったからな」。まさにチームプレーのお手本。FA砲を欠く苦しい台所事情で1点にこだわった。

 「新井さんが帰ってきて、またチームがバラバラになるかと思っていたけど、これでチームの結束が固められるよ」

 試合前、激辛コメントで“新井ショック”を一蹴。さらに「(五輪で)本塁打を打ってたのにな。(打った後のバットを放り投げたときに)やったんちゃうか」とジョークを交えて笑いを誘った。

 ここでみんなが沈むとアイツは気にしよる…。手に取るように気持ちが分かった。固いキズナで結ばれた“兄弟”だからこそできる荒行。「そら、おってくれた方がな」と最後にこぼしたのが本音。厳しい言葉の裏には、お前がおらんでもオレがやったる-という鉄人の決意表明だった。


 四回には全力疾走の一塁内野安打でチャンスメーク。主砲の心意気に林が呼応する。先発・佐藤充の内角直球をフルスイング。先制の2号2ランを右翼席中段に突き刺した。
 「打った瞬間でしたね。コンパクトに強い打球を打とうと思った。チャンスを生かしたかった」

 今季の経験から戦線離脱のつらさは身に染みている。「いるメンバーでがんばるしかない」。迷惑をかけた分を取り返すべく、ひと振りに力を込めた。

 「秋口になると風が変わって、左打者にチャンスが出てくる」と岡田監督は2人の量産を予言。主軸の共演で今季5度目の5連勝。9度目の完封勝利だが2戦連続は08年初。竜をネジ伏せ、マジックは「28」だ。

 新井を加えたAKLの揃い踏みは秋までお預け。その日を速めるためにも白星あるのみ。逆境をバネに強虎の勢いが、30日ぶりの甲子園で加速した。金本が打って、林が続く。あとは一気にゴールを駆け抜けるだけだ。






林ちゃんのホームランが

帰ってきました(笑)

新井ちゃんの離脱は

ほんとうに痛く、ショックですが

安心してリハビリしてもらえるよう

みんなで最後のスパート

がんばってください!!





スポンサーサイト

がんばれ!! 星野ジャパン!!^^
2008年08月19日 (火) | 編集 |




野球1次リーグ(18日、日本1-0カナダ、五ケ松球場)勝利を呼ぶ白球が右翼フェンスを越えた。五回無死。稲葉が右腕・ベッグの高めに甘く入った変化球を一閃。値千金の先制右越えソロは決勝点となり、日本に大きな1勝をもらたした。
 「久々に手応えのある打球が打てた。甘い球はあの1球ぐらい。そこで結果が出てよかった。投手が頑張っていたので、なんとかしたいという気持ちがみんなにあった」
 重苦しい展開だった。三回まで毎回安打を放つも2併殺打の拙攻。四回は3者凡退に抑えられていたが、36歳の一発が嫌な流れを振り払った。
 16日の韓国戦で惜敗。2勝2敗となった直後、主将の宮本が選手ミーティングでハッパをかけた。「これで終わりじゃない。切り替えていこう」。休日となった前日17日には選手全員で五輪選手村を訪れた。「僕はいい気分転換になった。久々にマクドナルドも食べられたしね」と稲葉。リフレッシュしたベテランが力を発揮した。
 星野監督を“男”にしたいという思いも強い。代表選出後、星野監督から1通の手紙が届いた。そこには「このメンバーが最強だと思っている。真夏の北京で季節はずれの桜を咲かせよう」という熱い言葉がしたためられていた。稲葉はその手紙を額に入れ、札幌市内の自宅の一室の壁に大事に飾っている。
 「ここに来て(チームが)ひとつになれた。(韓国戦で敗れ)追い込まれてから、みんなの目の色が変わった」。14日の台湾戦でも決勝打を放った稲葉。いまや星野ジャパンに欠かせないピースだ。







日本で“かっぱえびせん”と呼ばれた男が、北京で救世主となった。準決勝への切符は、ドン底からはい上がった成瀬がたぐり寄せた。
 「ブルペンからリラックスしていました。左打者が多いので、とにかく一発に気をつけようと」
 7回2安打無失点。無四球10奪三振の完璧な内容で、緊迫の1-0勝利を演出した。
 唯一のピンチの四回一死二、三塁も、マスクをかぶった里崎や大野コーチから「歩かせてもいい」と言われ「強気になれた」と2者連続三振。外角を振る左打者へ、チェンジアップよりスライダーを多投。四回以外は3者凡退の圧巻投球だった。
 「ボクは落ちるところまで落ちたんで、上がるしかないですから」
 昨年12月のアジア予選で韓国戦を託された左腕も今季は苦しいシーズンを送ってきた。1日の球宴第2戦(横浜)では2回11安打8失点。止まらない炎上に星野監督から“かっぱえびせん”と揶揄(やゆ)された。
 7日の練習ではシート登板前に野手の送球が頭部を直撃した。11日の北京初ブルペンでは、投球中にフリー打撃の打球を足に受ける悲運が続いた。そして13日のキューバ戦では五回無死二、三塁から救援し、2点適時打も浴びた。それでも、指揮官の信頼は不変だった。
 「選手のミスはオレのミス。ああいうのは忘れてやるんだ」
 第1戦後は「もうちょっと頭で考えろや」とだけ声をかけ、ニヤリ。成瀬は「(あれで)きょうは冷静な自分がいた」と、星野監督の言葉に感謝した。
 15日にカナダ戦の先発を通告されたが、16日の韓国戦は中継ぎ待機。「毎試合準備していたら、自分らしさが戻ってきた」。チーム一丸の心が復活の原動力となった。





あと2試合 両方とも勝って

準決勝進出 決めてください!!

しかし・・・

投手陣はふんばってますが

打撃陣が・・・

なんというか 金縛り (^-^;

なんとか 打線が奮起して

投手陣を楽にしてあげてください!!


それと 星野監督

最後のキャッチャーは

矢野さんでおねがいしま~す











やったゼ、金メダル!!^^
2008年08月11日 (月) | 編集 |


パパはやったぞ! 男子66キロ級の内柴正人(30)=旭化成=が決勝でバンジャマン・ダルベレ(27)=フランス=に縦四方固めで一本勝ち。日本の金メダル第1号となった。日本柔道史上最年長の金で、日本柔道4人目の五輪連覇。4歳の長男・輝(ひかる)くんに美しく光る世界一の証を掲げたヒーローが、日本のメダルラッシュの幕開けを告げた。

目の前のひじも金メダルも、絶対に逃がさない。内柴が縦四方固めでひじを極めると、ダルベレが苦悶の表情で降参。開始1分8秒で一本勝ち。涙がこみ上げる顔を両手で覆い「ヨッシャー」と拳を握り、「あかりー!」「ひかるー!!」。客席にいる家族の名を絶叫した瞬間、日本国民の心にも、明るい輝きをともしてくれた。

 「やっちゃいました。親父の仕事をしっかりやりました。前回は輝が生まれて、妻が来られなかった。何度も辞めたいと思ったけど、妻と子供を北京に連れていくんだと頑張りました。これで少しは恩を返せたかな」

 アテネ五輪のときは乳児だった長男が、夫人のあかりさん(28)の横に座り、つぶらな瞳に父の雄姿を焼き付けている。観客に肩車された息子に、祝福の拍手が飛ぶ。親子でつかんだ金メダルだった。

 初戦は左手でひざを抑えながらの袖釣り込み腰で相手を裏返し。準々決勝ではシャリポフ(ウズベキスタン)に有効を取られたが、残り26秒からともえ投げで技あり、けさ固めで逆転勝ち(合わせ技一本)。試合前、独特のジャンプで体をほぐしながらリズムを整え、粘り勝ちを重ねた。

 「北京五輪で王者になると、ずっと思っていました。きょうを迎えて、夢じゃないと…」
 4年前はオール一本で金。その後、国際舞台で優勝がなくなった。国内大会では初戦負けなど、不振の極地。北京が絶望になりかけた昨年12月、嘉納杯で2回戦敗退。控室へ戻る際、息子と目があった。情けないパパのままでいいのか…。「ダメでもいいから常に全力で頑張ろう」。取り戻した誇り。左右に動く体さばきのうち、苦手だった右への動きを改良した。

 実はアテネ五輪後、兄が警察に逮捕されるという“事件”が起きた。父・孝さん(58)は自分に罰を与えるように大好きな釣りをやめた。父が元気をなくすと、家族がバラバラになっていくようで胸が痛んだ。父には好きなことをして好きなものを食べてほしい。柔道で強さを示して、父の気持ちを紛らわせてあげたい。「内柴家はやればできるんだ」。北京は父子3代にわたる挑戦でもあったのだ。

 30歳での金は日本柔道史上最年長。2大会連続金メダルは斉藤仁(現日本男子監督)、野村忠宏(ミキハウス)、女子の谷亮子(トヨタ自動車)に次ぐ快挙だ。

 「五輪は(4年間の)物語の一番強い人が勝たなくてはいけない試合。僕が勝たないといけない、と思っていました」

 引退を考え、失意にまみれ、そして家族の愛でよみがえった。積み重ねた物語のエピロー
グが、キラキラと輝いた。(周伝進之亮)













 金メダルを獲得後、北島は涙で目を赤くし、ときどき言葉を詰まらせながら、報道陣に喜びを語った。
 --強かったですね
 「ありがとうございます」
 --アテネとはまた違ったうれしさがこみ上げてきていると思いますが
 「はい、うれしいです。すいません、何も言えない」
 --やっと少しは落ち着いてきましたか
 「応援してくれる方がたくさんいたので、本当に金メダルが取れてよかったです」
 --アテネの時は『超気持ちいい』と気持ちを表現しましたが、北京の金メダルはどういう気持ちですか
 「アテネの時以上に気持ちいいです。超気持ちいいです。最高ですね」
 --しかも、世界新記録での金メダルになりました
 「もう記録も優勝もできたので、本当に満足です」
 --これで一気に日本に勢いがつきましたよ
 「日本人はこれからもっと頑張ってくれると思うので。僕もまだ200メートルがあるので頑張りたい」
 --最後にもう一度、どんな気持ちですか
 「超気持ちいいです」








決勝で一本勝ちした谷本は、飛び跳ねて喜びながら、その目には涙があふれ出た。表彰台でも、これまで支えてくれた人を思いだしてまた涙…。興奮冷めやらない早口で感激と感謝を口にした。
 --一本勝ちを重ねて優勝
 「(決勝では)相手の大内刈りをすかして、とっさに出た。ずっと全力だったので試合のことを覚えていない。(けがで)もう柔道着を着られないんじゃないかと思ったし、まさか夢の舞台で勝てるなんて…。まだ実感がわかない」
 --ライバルのドコスについて
 「階級を変えると聞いていたので、最後に戦いたかった。大好きな柔道家。やっていて楽しかった。いつか語学を勉強してたくさん話したい」
 --表彰式の涙は
 「後ろからたくさんの人が(君が代を)歌ってくれるのを聞いて、どれだけ多くの人に支えられてもらっているかあらためて感じた」
 --今後は
 「すべてをこの日のためにやってきた。今はゆっくりしたい」









内柴選手、北島選手

金メダル

おめでとうございます!!!!!!!


金メダルって

なんか わたしたちに

元気と勇気を

与えてくれますね~


この勢いで 野球もがんばってくださいネ~~


谷本選手、故障を克服しての

金メダル

ほんとうにおめでとうございました!!^^

やっぱ、柔道は

「一本勝ち」ですよね^^

超気持ちイイ勝ち方

ほんとカッコ良かったですー










いよいよ五輪!!^^
2008年08月07日 (木) | 編集 |


























↑ カッコいい~~~~(^-^*)






みなさん、がんばってくださ~~い

















後半戦 メチャメチャ好発進♪^^
2008年08月04日 (月) | 編集 |







 (セ・リーグ、横浜2-19阪神、12回戦、阪神10勝2敗、3日、横浜)猛虎祭り、猛爆19得点や!! 阪神・金本知憲外野手(40)が初の5安打の大暴れで、今季チーム最多の21安打19得点の大勝利だ。後半戦を最高の形でスタート。五輪組が抜けても虎にはアニキがいる。強い、すごい。独走Vへ、もう死角なしや!!

 猛虎打線が打って、打って、打ちまくった。今季両リーグ最多の19得点、チーム最多の21安打…。記録的な猛爆再スタート。勢いをつけた金本がガハハ…得意のアニキ節で豪快に笑い飛ばした。

 「ほんとラッキーよ。こういう場面できょう新井さんがおらんでよかったよ。『新井さん1人がいないと、こんなにもチームの雰囲気がよくなるもんか』と庄田と小宮山がいってたよ。葛城もいってたなぁ。オレがいうてるんじゃないからな」

 過激に聞こえる表現も、金本流の心遣い。北京五輪で、藤川、矢野とともに前を打つ3番の新井が抜けた。「こっちはこっちで、心配させないようにしたいね」と話していた通り、この猛爆こそ、五輪組への、虎ファンへの強烈なメッセージ。最高の結果で示すことができてうれしかった。

 一回は四球を選び、三回の右越えへの適時二塁打から一気に5連打。稼ぐ5打数5安打はプロ17年のキャリアで初めてだった。しかも4本の適時打で2年ぶりの6打点の暴れっぷり。それでも「(打球が)飛んだコースがよかった」。

 野口以外の先発野手がヒットを放った。庄田はプロ初の4安打、赤星は猛打賞、葛城も走者一掃の二塁打などなど。好調の関本も2ランだ。金メダルに向けて頑張る仲間の穴を、みんなで埋めた。その中心に背番号「6」がいた。「よすぎる結果になった」とうなずいた。岡田監督も「話することないよ。初回から歩かされてなぁ。前にランナーがおったら、こういうことよ」と主砲の勝負強さに脱帽した。

 親交の深い清原(オリックス)が一軍復帰、代打で登場した。そのことを伝え聞くと「出たんか? 結果は?」と気にかけた。アニキが「兄貴」と慕う先輩の覚悟を知るだけに複雑な表情を見せた。自らも左ひざの手術を乗り越えた。苦しい気持ちは痛いほどわかる。今は自らのバットで励まし続けるしかない。

 得意の横浜を一蹴して貯金も最多タイの「29」、優勝マジックは1つ減らし「40」とした。五輪組が抜けた後半戦を、最高の形でスタート。金本が確信した。「交流戦や後半戦の節目節目の試合で(シーズンの)流れが変わることがある。そういう意味では、いいスタートが切れました」。一気に独走。絶対に優勝できる-。(山田結軌)



>『新井さん1人がいないと、
こんなにもチームの雰囲気がよくなるもんか』
と庄田と小宮山がいってたよ。葛城もいってたなぁ。

って アニキ コメントのほうも

絶口調ですね

こんなにみんなで打ちまくると

新井ちゃん、焦ってたりして~


阪神も星野ジャパンも

快進撃

期待してま~す

 











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。