時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どの仔も、かわいいなぁ~~~^^
2008年01月23日 (水) | 編集 |



21日朝、小雪がちらつくなか初めての放牧に出されたディープインパクトの長男

元気いっぱい! ディープJr.。19日の午後、北海道沙流郡日高町の下河辺牧場で誕生したディープインパクト待望の牡駒が21日、初めて放牧に出され大物ぶりを発揮した。

 父親譲りのパフォーマンスだった。19日の午後5時30分頃、北海道沙流郡日高町の下河辺牧場で誕生したディープインパクト待望の牡駒(母ビーフェアー、母の父ファストゴールド)が21日午前、初めて放牧地に出されて元気な姿をアピールした。小雪混じりながら穏やかな天候に恵まれたこの日、母親のビーフェアーとともに小さめのパドックに放されると、父親を彷彿させる俊敏な動きをみせて、集まった報道陣を感心させた。そして、ひとしきり動いたあとは多くの人が見守る中、ばったりと眠るなど度胸の良さも垣間見せた。
 
下河辺行雄氏は「生まれて3時間後くらいから馬房の中で跳ねまわっていました。とても元気で心強い限りです」と頼もしそうに目を細めていた。今年、同牧場ではあと4頭のディープインパクト産駒が誕生を予定しており「次はケイウーマンになると思います。こちらも楽しみです」と笑顔を広げた。
 なお、9日に北海道新ひだか町三石の鳥井牧場で誕生したディープの牝駒(母はロングディライト)はすでに“ナリタ”“オースミ”の山路秀則氏が3000万円で購入することが決まっている。






額からハナにかけて大きな流星を持つハーツクライの長男。
陽光に輝くきれいな栗毛、上品なルックスからも人気沸騰は間違いない!





母メイボールに寄り添うハーツクライの長男。
左後一白はシンボリルドルフ同様“名馬の証し”だ


人気沸騰間違いなし!
ハーツクライJr.は超イケメン

元気いっぱい! ハーツJr.。有馬記念(05年)でディープを破ったハーツクライの長男は16日、北海道千歳市の社台ファームで誕生。翌日から放牧に出され雪の上を駆け回った。


母メイボールに寄り添うハーツクライの長男。左後一白はシンボリルドルフ同様“名馬の証し”だ(撮影・福田淳司)
 05年有馬記念でディープを破り、06年にはドバイシーマクラシックVなど活躍したハーツクライの初子が16日、北海道千歳市の社台ファームで誕生。翌17日からは放牧に出され元気いっぱいに駆け回った。

 02年の仏GIモーリス・ド・ゲスト賞を制した母メイボールとの間に生まれたハーツの長男は、体重56キロの中型サイズで、額に大きな流星の通った栗毛の牡馬。「頭が軽くて上品な感じ。馬体が薄手で脚長なのは、幼い頃のハーツによく似ています。放牧に出してからも元気一杯ですよ」と社台ファームの長浜卓也氏。きれいな栗毛で見栄えのするシルエットは、早くも人気を呼びそうだ。
 「(ハーツの子は)ウチで最初に生まれたということですし、牧場としても幸先のいいスタートが切れました。頑張って欲しいですね」と長浜氏はニッコリ。現役時代は対ディープ1勝1敗で、“ディープの好敵手”といわれたハーツクライ。2世に受け継がれる2年後の対決に、期待は膨らむばかりだ。





仔馬ちゃんって、ほんとにカワユイですねー


ディープの子供は やっぱり小柄に育つのかなぁ~??


ハーツの子供は お父さん同様

上品でおっとこまえになることでしょう~♪^^


これから続々と生まれてくる子供たち

どの子が一番強くなるのか

ほんとに楽しみ、ワクワクしま~す かわいいねこ






スポンサーサイト

林ちゃん、おかえり~~~^^
2008年01月13日 (日) | 編集 |




初夏に甲子園で会いましょう-。昨年12月に右肩の手術を受けた阪神・林威助外野手(28)が12日、故郷・台湾から再来日。鳴尾浜に姿を見せ、5月の交流戦での復帰を目標に掲げた。当初の後半戦合流の見立てから大幅変更。虎党に朗報だ。

 新年を迎えて10日余り。虎党にちょっと遅めの“お年玉”が届いた。台湾から朗報を運んできたのは林だ。
 「交流戦には出られるようにしたいと思ってます」
 母国から再来日して虎風荘に戻ってきた男は、ハニカミながら“想定外”の嬉しい言葉を発した。
 昨年12月15日、米国内で右肩手術を受け、今季に関しては「試合復帰まで6カ月。前半戦絶望」の診断が発表された。球団内でも「選手が疲れてくる後半戦の救世主になってくれれば」と、受けとめられ、『夏男』として期待されていた。ところが診断結果を聞いている本人の話はちょっと違っていた。
 「(手術から)4カ月経ったら、制限無しに動かせる。あとはリハビリ次第。復帰まで6カ月? それより早くなると思うよ」
 手術を受けた後は、そのまま米国から台湾に帰国。日本よりはるかに温暖な気候の自宅でリハビリを続けてきたことも、プラスに作用した。「1カ月間固定しておくように」と指示されていたギプスを台湾を出発する前に外して、日本にやってきたという。手術日から単純計算すると、1カ月経たないうちに外したことになる。それだけ、回復が順調な証拠だ。
 「まだ、モノをつかんで軽く動かす程度のリハビリしかしてないけれど…。でも、大丈夫。それに、台湾はまだ出場権を獲得していないけれど、出られるなら(北京)五輪にも出たい」
 3月の世界最終予選には間に合わないが、8月の本番では母国のために戦いたい意向も示した。こちらはペナントの真っ最中だけに、球団との話し合い次第だが、見通しが明るいからこそ、の希望だ。
 ライバルとなる桜井や新外国人フォードの名前を聞かされると「きちんと治したら、去年以上の成績が残せる」とここでも力強かった。
 交流戦前に組まれた阪神の試合は45試合。80試合近く林不在を覚悟していた岡田阪神にとって、まさに嬉しい誤算になる。交流戦スタートは5月20日のオリックス戦(京セラD)。この時点でベンチに頼もしき背番号31がいてくれれば、巨人の大補強なんて怖くない。
(上田雅昭)

★林に聞く
 (虎風荘に戻ってきた林はその場で即席会見)
--手術した部分の現在の状態は
 林 「今のところ順調です。教えてもらったリハビリを続けてきました」
--今後の予定は
 「トレーナーと話をして、決めていきたい」
--今年出遅れるのは残念だが
 「去年は自分にとっても、プロに入って一番成長した年だったから…」
--台湾での周囲の反応は
 「向こうの報道は知らないけれど…。母は活躍したことよりも、けがしたことを一番心配してくれて、早く治してチームのために頑張れ、と励まされた」

■林の負傷経緯
 昨年5月13日のヤクルト戦(神宮)で一走として帰塁した際、右肩を負傷。8月29日に登録を抹消され、「右肩肩峰下滑液包炎」と診断される。9月27日の中日戦(甲子園)でスタメン復帰を果たしたが、違和感は引かずに、秋季キャンプも不参加。12月11日に診察のため渡米し、15日に右肩の手術を受ける

★恩師が代弁
 なぜ、もう少し早い時期にメスを入れなかったのか。林には、そんな“疑問”がつきまとうが、恩師の近大・榎本保監督が代弁した。「絶対に五輪に出たいと言ってました。手術をしたら出られなくなると思って、ずっと他の手段を探してました。手術を決めた後も、あまり元気はなかったですからね」。手術をすれば北京五輪は絶望と思っていただけに、劇的回復に一番喜んでいるのは、林自身なのかもしれない。

■阪神の右翼事情
 ライトの座を巡る争いは桜井と新助っ人フォードの一騎打ちが濃厚。右肩が治れば、林が筆頭候補に躍り出る。もちろん新加入の平野、桧山、浅井も定位置獲りを狙っている。浜中と赤松が移籍したものの、激戦区であることに変わりはない



早期 復帰は メチャメチャうれしいですが

(林ちゃんが いてると 試合を見る楽しみの度合いが
 全然 違いますからー^^)


ほんとうに くれぐれも 無理はしないでくださいね~










シンザン記念(GIII)予想できない(笑)
2008年01月13日 (日) | 編集 |
みなさん、年明けの競馬の調子は

いかがですか~~??^^

わたくしSPは 今月一杯 超多忙のため

じっくり競馬を考える時間がありません(悲)

とりあえず惰性のように 

馬券を つい 買ってしまっているありさまなのです^_^;


いつものように 杉本師匠は


◎ ミッキーチアフル
◯ タケツカヅチ
▲ ドリームシグナル
△ ダイワマックワン
△ ドリームガードナー
△ マヤノベンケイ
△ オースミマーシャル


ふ~~~~ん あたしの考えてるのと ちょっと違うなぁー

リンク枠は 5 か 6

武騎手と 安勝さんが 好成績を おさめておられます


※別名 ユタカ記念 とも よばれているそうです




いちお マヤノベンケイ を 応援しようかな
(軸にするかどうかは 別ですが^^)

と 思ってま~す^^




ダイワスカーレットちゃんが最優秀3歳牝馬に!!^^
2008年01月09日 (水) | 編集 |





2007年度のJRA賞受賞馬選考委員会が8日、東京・港区のJRA六本木事務所で開かれ、07年にGI3勝を挙げたダイワスカーレット=写真=は最優秀父内国産馬&最優秀3歳牝馬に選出された。なお、28日に都内のホテルで表彰式が行われる。

 誰しもが納得する“2冠”受賞だった。昨年のダイワスカーレットは、桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯と牝馬GIを3勝。強い3歳牝馬世代の主役として、年間を通じて常に頂点にいた。
 「他にも素晴らしい馬が多い中で、2個のタイトルを受賞できてうれしいですね」
 松田国調教師は喜びを口にした。最優秀3歳牝馬部門では2位のライバル、ウオッカに大差で圧勝し、さらに、最優秀父内国産部門も制圧。各部門受賞から選出される年度代表馬部門でも、アドマイヤムーン(178票)に次ぐ2位の73票を集めた。
 「有馬記念は性別、世代を越えてぶつかるレース。年度代表馬を意識していたので“白黒”をつけるつもりで完全に仕上げたんですが…」
 最終決戦の有馬記念は、伏兵・マツリダゴッホの大駆けの前に2着。年度代表馬獲得ができなかったことに、トレーナーも悔しそうな表情を浮かべたが、今では気持ちを切り替えて、新しい目標の“世界制覇”に踏み出そうとしている。
 「今年は海外を視野に入れています。前に行ける脚を最大限に生かして、力を海外で実証したいですね。2番手でも3番手でも主導権が取れる。これが何よりも大きい」
 現在の青写真ではフェブラリーS(2月24日、東京、GI、ダ1600メートル)を使ってドバイ国際競走(3月29日、ナドアルシバ)へ。ドバイデューティフリー(GI、芝1777メートル)に“重き”を置きながらも、世界最高峰のドバイワールドカップ(GI、ダ2000メートル)挑戦も心の中に温めている。
 「ドバイのあとは白紙ですが、英国やアメリカなどからオファーがあれば考えたい。スタッフにも恵まれていますからね」と松田国調教師。夢ははてしなく広がる。08年のダイワスカーレットは日本の枠にとどまらず大きく“世界”へと羽ばたいていく。

そして アドマイヤムーンが07年度の年度代表馬に





2007年度のJRA賞受賞馬選考委員会が8日、東京・港区のJRA六本木事務所で開かれ、07年にGI3勝を挙げたアドマイヤムーン=写真=がJRA年度代表馬に輝いた。なお、28日に都内のホテルで表彰式が行われる。

 世界を股にかけた大活躍が認められた。昨年、ドバイデューティフリー、宝塚記念、ジャパンCの国内外GI3勝を挙げたアドマイヤムーンが07年の年度代表馬に輝いた。
 「非常に光栄でうれしく思います。ムーンは選ばれて当然の成績を残しましたし、私としてはジャパンCを勝って、最高の形で種牡馬として送り出せました。今後は種牡馬として、いい子をたくさん出してほしいです」と管理していた松田博調教師は喜びを語った。
 アドマイヤムーンは05年7月に函館デビューから3連勝。皐月賞(4着)、ダービー(7着)と3歳春のクラシックはひと息に終わったが、夏の休養を経て本格化。07年2月の京都記念Vをステップにドバイデューティフリー(3月31日、ナドアルシバ、国際GI、芝1777メートル、1着賞金=約3億6000万円)を1番人気で快勝。帰国して宝塚記念を勝った後の7月、40億円でダーレー・ジャパン・ファームへ電撃移籍。そして秋のジャパンCを制した直後に引退と、競馬ファンに衝撃を残してターフを去った。
 「天皇賞(秋)で負けたので、ジャパンCで一番強いことを証明できたのがうれしい。東京の大観衆の前でウイニングランをできたことは一生の思い出です。宝塚記念からチャンスを与えてくれた関係者に感謝したいです」と岩田康誠騎手は07年の代表馬決定の報を受けて感慨深げにコメントした。
 ムーンが有馬記念前に引退したことから、暮れには“年度代表馬は果たしてどの馬に?”と注目されたが、同じくGI3勝のダイワスカーレットに105票差をつけ代表馬に輝いた。ムーンは現在、北海道沙流郡日高町のダーレー・ジャパン・スタリオンコンプレックスで繋養されている。種牡馬としての第2の生活にも徐々に慣れ、馬産地でもエンドスウィープの後継種牡馬としての期待が高まっている。これからは第2のムーンを送り出す大きな使命が待っている。

◆シェーン・ホーラン氏(ダーレー・ジャパン株式会社 スタリオン・オペレーション・ディレクター)
 「このたびのアドマイヤムーンの年度代表馬選出を、スタッフ一同大変喜んでおります。新たに種牡馬としてのキャリアを踏み出したアドマイヤムーンは、おかげさまで多くの生産者の方々から注目をいただいております。数々の大レースを制した持ち味の鋭い末脚を産駒にも伝えてくれるものと楽しみにしております」



スカーレットちゃん、オークスでれてて
勝ってたら 年度代表馬になれてたのかなー

名前はかわいらしいですが
やってることは かなり 女傑ですー(笑)

これからも 可憐な雰囲気で
スンゴイこと いっぱいやってのけてくださいね~






京都金杯(GIII)予想^^
2008年01月05日 (土) | 編集 |

今年もこのスタイルで予想します☆^^

杉本師匠は

◎ 16.アドマイヤオーラ
◯ 12.サクラメガワンダー
▲ 8.キンシャサノキセキ
△ 6.エイシンドーバー
△ 4.ディアデラノビア
夢 1.オースミダイドウ

リンク枠は 4 か 5



年明け早々、軸にしようと思ってたお馬ちゃんが

師匠とかぶってしまいました (^-^;

でも、ま、3連複だし

アドマイヤオーラ でいきます☆(笑)

有馬みたいな KY騎手は いないと信じて

ふつう~~~~に

ディアデラノビア、エイシンドーバー、

キンシャサノキセキ、エイシンデピュティ、

サクラメガワンダー

って、師匠と ほとんど一緒ですやん




直前の馬体重 みてから

変更&追加 するかもしれません


なんとか 当てたいなぁ~~~








行ってきました☆ 今年も、藤森神社に^^
2008年01月03日 (木) | 編集 |












新年、

あけましておめでとうございま~す



皆様、今年もよろしくおねがいいたします☆

藤森神社、元旦におまいりしてきましたが

メチャメチャ人が多くて

びっくりしてしまいました(^-^;

絵馬に またまた おもいっきし

わがままなお願いを

書きまくってきました(笑)

今年も 楽しく 競馬が

できますように^^







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。