時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年JRA年間キャンペーンキャラクターが決定!
2007年11月30日 (金) | 編集 |




http://www.jra.go.jp/news/200711/113002.html




大泉 洋 さん、小池 徹平ちゃん

どちらも好きなので

スゴク楽しみです~





スポンサーサイト

ジャパンカップ(GI)予想^^
2007年11月25日 (日) | 編集 |










サムソンと相性のいい師匠は

◎ 10.メイショウサムソン
◯ 2.ポップロック
▲ 11.ウオッカ
△ 4.アドマイヤムーン
△ 9.インティライミ
△ 14.ドリームパスポート


新デビルの女王、ナナちゃんは

◎インティライミ

占い馬券は

ポップロック、ヴィクトリー、

インティライミ、ウオッカ、

フサイチパンドラ


メイショウサムソンを軸に

3連複軸1頭ながしで

ポップロック、アドマイヤムーン、

ペイパルブル、インティライミ、

ウオッカ、ドリームパスポート

200円で購入するつもりです hiyoko06.gif







ジャパンカップダート 予想^^
2007年11月24日 (土) | 編集 |




占い馬券は

スチューデントカウンシル、フサイチホウオー、

サンライズバッカス、フィールドルージュ、

エイシンロンバード、ドラゴンファイヤー


ちなみに、前回は 全滅でした(^-^;



ヴァーミリアンを軸に


サンライズバッカス、スチューデントカウンシル、

フリオーソ、メイショウトウコン、

フィールドルージュ、ドラゴンファイヤー

の3連複BOXにしようかな

と思ってます tibineko.gif








ジャパンカップダート&ジャパンカップ 枠順確定☆^^
2007年11月22日 (木) | 編集 |

http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2007/1124_1/syutsuba.html


http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2007/1125_1/syutsuba.html




リンク枠は

ジャパンカップダートが 5 か 8

ジャパンカップが 1 か 6

いまのところ、どちらも

豊さん軸にしようと思ってま~す toraneko8.gif







上園投手、セ・リーグ最優秀新人賞、おめでとう~(^-^*)
2007年11月21日 (水) | 編集 |
071121tig20071121051_MDE00329G071120T.jpg



071121tig20071121052_MDE00330G071120T.jpg



f0105741_13232.gif




プロ野球コンベンションが20日、福岡市内のホテルで行われ、阪神・上園啓史投手(23)がセ・リーグ最優秀新人(賞金100万円)に選ばれた。虎からは01年の赤星以来6年ぶり7人目。投手としては94年の藪以来13年ぶり3人目。6月に一軍に合流して8勝を挙げたルーキーは来季、開幕&胴上げ投手の誓いだ。

 この勲章は、より高いレベルを目指すためのステップだ。いつも淡々としている上園が、授賞式ではうれしそうな笑顔をみせた。だが、浮かれた気分になったのは、ほんの一瞬だった。
 「受賞は『まさか』という感じで、本当にびっくりです。これまでチームの中心選手になった方が獲ってきた賞。それに恥じないようにしたい。自分もそういう中心選手になっていければ…」
 遠慮がちに、かつ大胆に。来季は不動の先発の柱。心は決まっていた。
 今季は二軍スタート後、6月に一軍合流。けが人続出で崩壊状態にあった先発ローテに入って8勝(5敗)、防御率2.42をマークし、危機を救った。一軍スタートで7勝(6敗)の巨人・金刀の57票を倍近く上回る104票を集め、堂々の新人王に選ばれた。
 一方で、強烈な挫折も味わった。1敗で迎えた中日とのクライマックスシリーズ第1ステージ第2戦。あとのない試合で先発を任され、わずか1回KO。1本塁打を含む3安打2四球で5失点。一人前にはほど遠い。苦い思いをかみしめて、シーズンを終えた。
 それだけに、来季にかける気持ちは人一倍、熱い。本格的なオフに入った18日。鳴尾浜で1人、ランニングなどで汗を流した。「ボクは球が特別速いわけでもない。運を味方につける生活をする。野球の神様が振り向くような? そうです」。神さえも振り向かせる。キッパリと宣言した。
 オフは野球以外でも忙しい。11月23日以降、単独でのテレビ出演、イベントがすでに2件。「今後も増えるでしょう」(球団関係者)との見通しだ。それでも、必要以上の露出は避けて、トレーニングに専念する。新人王の賞金100万円も、自己投資に使う意向だ。


 「今年以上の勝ち星はもちろん、来季は開幕から最後まで、一軍にいたいという気持ちがある。オフは、全体的なパワーアップを図りたいです」
 開幕投手でスタートし、胴上げ投手で締めくくる。先発の理想像しか、思い描いていない。
 パの新人王・田中(楽天)について「彼(の受賞)は当然。ボクはできすぎ」と、謙そんした。真にバラ色のオフを迎えるまで、上園は一歩も立ち止まらない。
(野下俊晴)
★上園という男
 シーズン途中から一軍に昇格し8勝を挙げた理由を聞くと「今年の成績はマグレなんスよ。たまたまっスよ」と謙虚に返してきた。だが、プロの世界では「マグレ」だけでは勝てない。「人が休んでるときに練習するんスよ。やることはきちっとやっておく。できる準備は100%しておくんです。だから、マグレはこれからも続きますよ。見ててください」と不敵な笑顔を見せていた。
 コーチや先輩からは、「来年は今年みたいに勝てないからな」と何度も言われた。甘くないぞ、調子に乗るなよ-とくぎをさされた。それに対して「オレは来年も必ずやりますよ。絶対に結果、残しますから」。度胸ある投げっぷりが示すように、強気な言葉が返ってきた。




とにかく、目出度い!!
hiyoko06.gif



アッパレであった!!(笑)

ほんとにうれしいです~ w03.gif



来年も、がんばってね~~~











マイルチャンピオンS(GI) 予想^^
2007年11月17日 (土) | 編集 |





ご存知杉本師匠は、

◎ 7.スーパーホーネット
◯ 9.カンパニー
▲ 8.ダイワメジャー
△ 10.トウショウカレッジ
△ 11.スズカフェニックス
△ 12.アグネスアーク


占い馬券は、

カンパニー、ジョリーダンス、

アグネスアーク、ピンクカメオ、フサイチリシャール

を推奨しています



今夜、

http://www.ktv.co.jp/satauma/

見て、キル馬 考えま~す


今のところ、軸馬


カンパニー か アグネスアーク


どちらにしようか 思案中です


また、明日、つづきをアップするつもりです



http://www.jra.go.jp/JRADB/accessD.html

馬体重が発表になり、アークがプラス体重だったので
アークを軸に
2、3、7、8、9、11
の3連複BOXするつもりです



マイルチャンピオンシップ GI 枠順確定!!^^
2007年11月16日 (金) | 編集 |


http://www.sanspo.com/keiba/race/kakutei.html





リンク枠は 6 か 8

ルメール騎手騎乗の

エイシンドーバー

なんか、不気味ですねー

絞るのが、たいへんですー




アグネスアーク、もしかしたらタイトル獲るかも??^^
2007年11月14日 (水) | 編集 |
http://www.sanspo.com/keiba/race/yotei.html#4



アグネスアーク距離短縮は好材料…血統診断


サンデーサイレンス産駒が4連勝中のマイルCSだが、ラスト世代はすでに4歳。この秋のGIは未勝利で、その勢いに陰りが少し見られるようになった。対照的に後継種牡馬の元気の良さが目立つ。その筆頭といえるのがアグネスタキオンだろう。
 アグネスアークはタキオン産駒の成長株で、札幌記念、毎日王冠、天皇賞・秋でいずれも2着。叔母にビハインドザマスク(スワンS)、いとこにコイウタ(ヴィクトリアマイル)がいる母系から距離短縮はプラス材料。その切れ味を存分に生かせる。V5を目指すSS勢の牙城を崩す可能性は大だ。
 SS産駒ではやはり昨年の覇者ダイワメジャーが一番手だろう。スピード、持久力はこのメンバーではトップ。妹のダイワスカーレットのように自分のペースで先行できれば、巻き返せる。スズカフェニックスはスピード色濃い母系の影響で距離はマイルまでだが、その爆発力は父譲り。ツボにはまれば、一気に突き抜けていい。キングストレイルはメジャーと同配合。成長力のあるタイプで、まだ見限れない。
 母の父SSのマイネルシーガルはマイルCS勝ち馬ゼンノエルシド産駒。マイルの適性は抜群だ。底力は判断しかねる部分があるが、大崩れはしないタイプだ。スワンSで2着となり、復調したクロフネ産駒のフサイチリシャールは一本調子な脚質がネック。上がりのかかるレースが理想だ。
 非SS系のカンパニーは父系祖父トニービン譲りの決め手が武器。京都の外回りはピッタリだ。スーパーホーネットはスワンSを快勝。父ロドリゴデトリアーノ(英2000ギニー)は平坦向きのスピード馬を多く出しているが、エリモエクセル(オークス)のように配合が合えば、大物を出せるタイプ。血統背景以上に奥がありそうで侮れない。ピンクカメオはブラックホーク(安田記念)の半妹。ベストの距離に戻る今回は古馬相手でも前走以上にやれそうだ。
 米国から参戦してきたベクラックスの父グレンジョーダンはシャリーフダンサー(愛ダービー)産駒の二流種牡馬。日本の軽くて速い馬場向きと言い難い。



軸は、アグネスアーク か ダイワメジャー

のどちらにしよっか 思案中ですー






エリザベス女王杯(GI) 予想
2007年11月11日 (日) | 編集 |





びっくりしました~

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/horse_racing/?1194743027


いちお、このニュースを知る前の予想は

ダイワスカーレットちゃん軸に

3、4、5、12、13 の 3連複BOXにするつもりでした・・・


師匠の杉本さんは

◎ 3.ウオッカ
◯ 7.ダイワスカーレット
▲ 4.スイープトウショウ
△ 8.ディアチャンス
△ 9.アサヒライジング
△ 12.フサイチパンドラ


占い馬券は、

ウオッカ、デアリングハート、

アドマイヤキッス、ディアデラノビア、

キストゥヘヴン



ウオッカが出ないとなると

展開も変わりそうだし

困ったなぁ~



ウオッカの代わりに、

アサヒライジング か デアリングハート か ディアチャンス

どの子にしようか 思案中ですー


エリザベス女王杯(GI) 枠順確定!!^^
2007年11月09日 (金) | 編集 |

http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2007/1111_1/syutsuba.html






リンク枠は、 4 か 5

やっぱり

ダイワスカーレットちゃんを軸にしよっかな~


ローブデコルテ と フサイチパンドラ(特にルメール騎手)

が 気になりま~す







エリザベス女王杯に向けて☆^^
2007年11月07日 (水) | 編集 |

071106ke20071106051_MDE00175G071105T.jpg




ダイワスカーレット、現役最強牝馬へ

史上に残る名牝2頭が、4度目の対決を迎える。桜花賞に続き秋華賞も制し、2冠馬となったダイワスカーレット。その2戦で負けたウオッカには、「ダービー馬」という奇跡の勲章がある。ただスカーレットがまたも勝てば、どちらが強いかは“明白”。正真正銘の現役最強牝馬となるべく、ダイワスカーレットが突き進む。

勝利の先には大きな勲章が待っている。女王の座は譲らない。桜花賞、秋華賞の2冠を制したダイワスカーレットが、古馬を含めた牝馬の“真”の頂点に君臨する。
 「体温は安定しているし、カイバの食いも上がっていません。前回走ったダメージもなかったですし、その時よりもさらに、走れる状態になっていますよ」
 松田国調教師が万全の状態を強調する。古馬も出走してくるが、注目は『最優秀3歳牝馬』のタイトルを賭けた、ダービー馬ウオッカとの4度目の対決。現時点で2勝1敗とスカーレットが勝ち越しているが、タイトル争いの情勢は五分五分か-。女王杯を制した方が大きくリードすることになる。秋華賞同様、自慢のスピードでウオッカを完封したいところだ。
 安藤勝騎手はファンタジーSもオディールで勝ち抜群の存在感。GI4勝のスカーレットの兄ダイワメジャーの主戦でもあり、この血統の特長を誰よりも理解している。「能力は相当なもの。兄よりも体を柔らかく使えるし、その分(脚が)切れる感じ。兄同様GOサインを出してから長く脚を使えるし、随分、折り合いがつくようになっているから、1ハロンの延長は問題ない」と未体験ゾーンの2200メートルにも太鼓判を押した。
 もちろん名手の視界にもウオッカしか入っていない。「今年の3歳牝馬は強いし古馬には負けないと思う。ウオッカが相手になるだろうけど、自分の競馬をするだけ。まともなら好勝負になる」と力を込めた。
 勝てば有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)参戦のプランも浮上してくるはずだ。そこで結果を残せば最優秀3歳牝馬だけでなく、年度代表馬の座も夢ではなくなる。
 「ここでキチッとした結果を残せれば、牡馬相手にも通用すると思います。この一戦には年度代表馬とか色々なモノがかかってくるでしょう」とトレーナーが表情を引き締めた。ダイワスカーレットが宿命のライバルを返り討ちにして、“現役最強牝馬”の称号を手に入れる。







狙うは連覇のみ!パンドラ、チャンス十分

昨年の覇者フサイチパンドラ=写真=が連覇の野望を抱いている。
 「ウオッカを含めて今年の3歳牝馬は強い。豪華なメンバーがそろったな。昨年は繰り上がりでの優勝(1位入線のカワカミプリンセスが走行妨害で12着降着)だけど、勝ちは勝ち。こっちだって能力のない馬じゃない。ぶざまな競馬はしないよ」
 6日朝、白井調教師がキッパリと言い切った。3、2週前はDWコースで6ハロンからの追い切りをビッシリと行い、1週前はCWコースで牝馬としては異例とも言える7ハロンの調教を決行。パンドラがここまでキツい攻めを積んだのは、デビュー以来初めてだ。
 「古馬になって体がしっかりしたから、これだけハードに追い切れるようになった。GIを獲るためには、研ぎ澄まされた体を作らないといけない。やれるだけのことはすべてやっている」と、力強い口調で続けた。
 札幌記念で2着に退けたアグネスアークは天皇賞・秋の2着馬だ。今まで戦ってきた相手のレベルを考えれば、たとえ強力3歳勢が相手でもチャンスは十分ある。



★スイープトウショウ、中1週は好都合
 一昨年の覇者スイープトウショウは久々の中1週で参戦の予定。手綱を取る池添騎手は「前走はプラス18キロの数字が示すように、返し馬でも馬体が緩く感じた。でも、1回使えば息遣いも良くなるでしょうし、間隔が詰まるのもこの馬にはいいですから」と、底力に大きな期待をかける。
★ディアチャンス、鞍上ノリで一発
 札幌記念4着以来のディアチャンスは、鞍上に【1・0・1・0】と相性のいい横山典騎手を配して一発を狙っている。先週の1日にDW6ハロン82秒7、ラスト1ハロン12秒2をマーク。1週前にビシッと追い切るこの馬のパターンで目標のレースへ万全の態勢だ。土屋調教助手は「飼い葉をしっかり食べるようになって、攻め馬を強くできている。ここにきて力もつけているね」と体質強化が好調の要因と分析している。







古馬の切り札!アサヒライジング最高潮

2冠馬ダイワスカーレット、ダービー馬ウオッカと、今年の3歳世代は特にレベルが高いと言われるが、“待った”をかける古馬の切り札がアサヒライジングだ。重賞初Vを決めたクイーンSから始動して、叩き3戦目で最高潮。最大の目標としていたエリザベス女王杯で戴冠を目指す。

古馬の意地とプライドにかけても、3歳勢には負けられない! 4歳になりさらに円熟味を増したアサヒライジングが敢然とGI獲りに挑む。
 主戦の柴田善臣騎手が負傷加療中だったため北村宏騎手とのコンビで臨んだ府中牝馬Sは、3番手から直線で満を持して先頭に立ったが、ピッタリ後ろにつけていたデアリングハートの格好の標的となって2着。しかし「あの位置(好位)から競馬できたのは収穫だった」(古賀慎調教師)と脚質の幅は広がり、かわされてからも粘る勝負根性は光っていた。
 31日の1週前追いではW5ハロン65秒7、1ハロン12秒6を馬なりで楽々とマーク。西下を前に万全の態勢をアピールした。3歳馬は秋華賞というもうひとつの目標があったが、古馬の目標はまさにこの一戦。その分、3歳馬に比べて完璧に乗り込むことができ、「ひと夏越して一段と成長してくれたし、女王杯を目標に進めてきた。頑張って年上の意地を見せて欲しいですね」と強気な姿勢を見せている。
 確かに3歳は強いがライジングが劣っているわけではない。昨年は2冠馬カワカミプリンセスという強烈な存在がいる中で、オークスで0.2秒差3着、秋華賞で0.1秒差2着。夏には米アメリカンオークスで2着になった。3歳限定戦の後も、エリザベス女王杯で僅差4着、今年のGIヴィクトリアマイルでも2着を確保。クイーンSを勝ち、古馬代表として、互角以上のレースが期待できる。
 「今年の3歳世代は強い。でも、アサヒ世代だってレベルが高いと言われていた」と古賀慎師が言い切った。鞍上に復帰する柴田善が、4日のアルゼンチン共和国杯(10番人気トウカイトリックで2着)で大胆な見せ場を作ったのも、大一番につながる。成長を続けるアサヒライジングが3歳勢をまとめて撃破しても何の不思議もない。








ウオッカ、ダービー馬の血が生きる…血統診断

ウオッカとダイワスカーレットの2強ムードが高まっているエリザベス女王杯。血統面からはウオッカ上位に見たい。
 今回のポイントは距離が1ハロン延びること。ダイワスカーレットは、1マイル~2000メートルでGI4勝のダイワメジャー(父サンデーサイレンス)の半妹で、母スカーレットブーケも勝ち鞍は1800メートルまでだった。父アグネスタキオンも現役時代は2000メートルまでしか走っていない。秋華賞は内回りの2000メートルで何とか押し切ったが、今回の舞台は外回りの2200メートル。少なくともプラスとはいえない。
 逆にウオッカは、父タニノギムレットに次ぐ親子制覇で2400メートルのダービーを3馬身差で圧勝。母系にはシスタートウショウやシーイズトウショウなど、マイル以下で活躍した馬が多いが、父からスタミナをキッチリと受け継いでおり、距離延長と直線が長くなる今回は前走以上のパフォーマンスが期待できる。
 関東期待のアサヒライジングは母系が典型的なステイヤー血統で、父ロイヤルタッチも菊花賞2着。GIレベルの戦いではもう少し距離があった方がいいが、大崩れはない。昨年の覇者(繰り上がり)フサイチパンドラの母系はトライマイベストやエルグランセニョールなど、世界的にGIホースを出している。優秀な母系にSSがミックスされて質は高い。芝の中距離なら信頼度はアップする。
 オークス馬ローブデコルテはコジーン×シーキングザゴールドで、本質的には2000メートル以下に向くタイプ。それだけに2400メートルより2200メートルの方がいいといえる。
 デアリングハートは父SSに母の父ダンジグという配合。代表馬にはビリーヴやミレニアムバイオなど、距離の融通が利かないタイプが多く、距離延長はマイナスだ。スイープトウショウは、アドマイヤムーンと同じエンドスウィープ産駒。2000メートル以下がベストだが、スローの切れ味勝負になれば距離はこなせる。ディアデラノビアの母ポトリザリスは、アルゼンチンのダービーとオークスを勝った名牝。母の父もアルゼンチンダービー馬で本質的には今回の距離はいい。









迷いますねー

また、占い馬券に

頼りそうですー





最近のお気に入り^^
2007年11月06日 (火) | 編集 |

20070925163639.jpg




20070925165210.jpg



top_r4_c2.jpg


http://pocky.jp/products/tsubutsubu/index.html







最近、多忙です


でも、なかなか仕事がはかどらなくて

ついついイライラして

甘いものに手がでてしまいます ぶた









素顔、見れました☆
2007年11月05日 (月) | 編集 |
20071105-00000080-reu-ent-thum-000.jpg



【カイロ=宮明敬】エジプト考古学最高評議会は4日、黄金のマスクをかぶせて葬られた古代エジプト王ツタンカーメンのミイラの“素顔”を初めて、同国南部ルクソールの墳墓群「王家の谷」で、メディアなどに公開した。

 5日から、一般観光客にも公開される。

 ミイラは4日、地下墳墓の黄金の石棺から、気温や湿度を厳重に調整できる樹脂でできた透明のケースの中に移され、保存状態が比較的良い顔と足先の部分だけ、リネンの覆いを取り外された。

 ツタンカーメン王は3300年以上前の古代エジプト第18王朝の王で、19歳の若さで謎の死を遂げた。墳墓は1922年11月、英考古学者ハワード・カーターによって発見、発掘された。ミイラからはがされた黄金のマスクは現在、カイロのエジプト考古学博物館に展示されている。

http://www.kjps.net/user/pharaoh/cairo_m01.htm




テレビの映像、衝撃的でした

なんか、エジプトの人って

無造作にそんな大事なもの簡単そうに動かして大丈夫??

みたいな(笑)

どんな顔だったのか

CG駆使して、復元してほしいですねー うさぎ










武豊騎手、JRA通算3000勝達成!
2007年11月03日 (土) | 編集 |
sokuho007_1.jpg



武豊騎手(38)=栗東・フリー=が3日、京都競馬第1レースでJRA史上初の通算3000勝(地方、海外を除く)を記録した。
 同騎手は10月28日の天皇賞・秋で通算2999勝とし、この日の第1レースでスカイビューティーに騎乗して1着(今年131勝目)となり、デビューから約20年8カ月で前人未到の大記録に到達。その後も第10レースで勝って3001勝と記録を伸ばした。
 武豊騎手はデビューした1987年に69勝と新人の年間最多勝記録を塗り替え、昨年までに年間最多勝を16度獲得。今年7月に岡部幸雄元騎手が持っていた2943勝のJRA通算最多勝記録を更新していた。
 開催日数、騎乗回数が多い地方競馬の通算最多勝利記録は佐々木竹見元騎手の7151勝。


◆武豊騎手の話
 「勝ててホッとしている。減る数字ではないし、プレッシャーはなかった。多くの関係者のバックアップがあってのもので感謝している。まだまだ騎乗技術を磨かないといけないし、人間としても大きくなりたい」
◆武幸四郎騎手の話
 「(3000勝は)兄貴じゃないと絶対に無理な数字ですからね。それを朝一で決めてしまうのが兄貴らしい。本当にすごいとしか言いようがないです」
◆父・武邦彦調教師の話
 「確かにいい馬にもいっぱい乗せてもらっているが、本当にうまく乗ってきたと思う。大きなレースも勝っているし、頑張っていると思う」




お兄さんは、スゴイですが

今日も、横でプラカードもって立ってる人に

イランコトされて

馬券 取り損ねてしまいましたー ^_^;


明日もでるのよね、ファンタジーS

ヤダなぁーーーー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。