時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


携帯から 記事 書いてます
2010年06月04日 (金) | 編集 |
諸事情により(笑)
こちらにお引っ越しいたしました^^

http://ameblo.jp/sawayaka4412/

今後とも、よろしくお願いいたします(≡^∇^≡)





しかし 自分のブログにログインできなくなるなんて(^。^;)


FC2も 勝手に いろいろ変えないでほしいです~f^_^;



スポンサーサイト

キーワードは、『逃げるが勝ち』と『世代交代』
2009年12月07日 (月) | 編集 |

【JCダート】エスポワール、世界戦制覇!

第10回ジャパンCダート(6日、阪神11R、GI、3歳上オープン国際、定量、ダ1800メートル、1着本賞金1億3000万円=出走16頭)佐藤哲三騎乗のエスポワールシチーが逃げ切って3馬身半差の圧勝。交流GI連勝中の4歳馬が“世界一”となり、主役交代を強烈にアピールした。1分49秒9(良)。2着に5番人気シルクメビウス、3着に12番人気ゴールデンチケットと3歳馬が入った。GI8勝で2番人気のヴァーミリアンは8着に沈んだ。
最内枠から先手を取った1番人気エスポワールシチーが4コーナーで後続を突き放し、かしわ記念、マイルCS南部杯に続くGI3連勝。JRA初のビッグタイトル制覇でダート王を襲名した。
 「涙が出るほど嬉しい」。デビュー当時からつきっきりで調教に騎乗してきた佐藤哲三騎手は喜びを爆発させた。「直前の追い切りで、勝てるという手応えをつかんでいました」と相棒に絶大なる信頼を寄せて臨んだ大一番。最大の課題は(1)番枠だった。03年ジャパンCを同じ(1)番枠で勝ったタップダンスシチーは迷いない逃げだったが、エスポワールは好位で競馬できる。有力馬が近辺にいてマークも厳しい。佐藤哲は「どうするか迷った」。JRAGI初勝利の安達昭夫調教師も「(1)番は嫌だった。出たなりで決めてください、と哲ちゃんには言いました」と振り返る。
 レース前日、佐藤哲は“逃げ”に腹をくくった。スタートしてジワッと先頭を取り、外から米国馬ティズウェイが並びかけたが「相手は1コーナーで外に膨れる」。初の右回りに戸惑う相手を見透かしたように、1コーナーで先手を取り切ると1000メートル通過60秒7のマイペース。後続に1~2馬身差のゆったりした逃げを打ち、4コーナー手前で突き放したところで勝負は決した。
 「僕がケガをしてモヤモヤしていた時に出会った馬。この馬とだったらGIを獲れると思ってやってきたので、こういう結果が出て良かった」と佐藤哲。07年12月に落馬負傷で入院、翌年2月に復帰した頃、エスポワールに巡り会った。その年の夏、まだ500万下で小倉に滞在していた時も調教に跨り、口向きの悪さや他馬を怖がる面などを懸命に修正。その成果が確実に結実した。
 オールウェザーでも走れるスピードがあると感じている陣営は、来春のドバイワールドCを頭に描く。今年、バンブーエールでゴールデンシャヒーン4着の安達師は「また行けたらいいな、と思う」。鞍上も「海外のスピードがマッチする。可能性はまだまだある馬」。04年タップダンスの凱旋門賞が飛行機のトラブルなどで直前輸送となり17着と無念の結果。海外は「僕の夢。この馬とだったら…」と夢を描く。「よく頑張った。もっと頑張ろう」。佐藤哲とエスポワールシチーの快進撃は、さらに加速していく。


3歳馬シルクメビウス2着

第10回ジャパンCダート(6日、阪神11R、GI、3歳上オープン国際、定量、ダ1800メートル、1着本賞金1億3000万円=出走16頭)レベルの高い3歳馬の中で5番人気のシルクメビウスが最先着の2着。優勝馬には完敗したが、中団後方から発揮した上がり3ハロン36秒9はメンバー最速タイだ。田中博康騎手は「折り合いがつき追い出しのタイミングも良かった。この1年の成長力がすごく、来年につながる走りでした」と来シーズンのさらなる飛躍を誓った。この後はリフレッシュ放牧の予定。
 3歳馬5頭の中では最低の12番人気だったゴールデンチケットが、中団後方から上がり3ハロン最速タイで3着に突っ込んだ。昨年はカネヒキリで優勝したクリストフ・ルメール騎手は「無理せずあの位置を進んだ。うまく流れに乗れたし、直線は力強く伸びてくれた」とうなずく。2日連続で降着処分を受けたが、大舞台で欧州トップ騎手の手腕を見せつけた。



哲ちゃんは、タップで逃げるの慣れてますからね~


あと、3歳馬


強いのか、古馬が たよんないのか(^-^;


騎手も世代交代傾向にあるのかな??


ただし、横山典ちゃんは 


オジサンパワー炸裂してますが(笑)





エリザベス女王杯は、やっぱカワカミプリンセスでしょ^^
2008年11月11日 (火) | 編集 |


勢いは3歳勢に譲っても、キャリアが違う。’06オークス&秋華賞の2冠馬カワカミプリンセスが、復権を目指して出陣する。一昨年のエリザベス女王杯で1位から12着降着処分を受けてから悲運に泣かされてきた女傑が悪夢を振り払って、再びヒロインの座を奪い取ってみせる。

女王の座を取り戻すステップとして、これ以上の舞台設定はない。カワカミプリンセスは2年前のエリザベス女王杯では1位で入線しながらも、直線で他馬の進路を妨害して12着に降着。因縁のレースを勝つことで完全復活をアピールする。

 「久々の前走(府中牝馬S2着)を使った後、素軽さが出てきました。500キロを超える馬ですが、馬体に張りがあって、締まりもある。背も高くなったし、大人になった感じがします」

 全休日の10日朝、担当の深川調教助手から笑みがこぼれた。前日9日もDWコースで4ハロン57秒6-41秒0-13秒4。馬なりで軽快に駆け、デキに関して心配点はない。

 「ここまでは順調そのもの。先生(西浦調教師)も“何がなんでも取り返す”と気合が入っています」と深川助手の口調も熱がこもる。

 3歳の2月にデビューするや新馬、500万下・君子蘭賞、オークスTRスイートピーSと3連勝を飾る。さらにはオークス、夏をはさんで秋華賞とGI2勝を含む5戦無敗で“牝馬版ディープインパクト”のイメージさえできあがった。ところが降着でリズムは暗転。骨折、体調不安にも見舞われ、2年1カ月も白星から見放されている。

 それでも、ここにきて光は見えてきた。11カ月ぶりだった5月の金鯱賞で3着、それ以来4カ月半ぶりだった府中牝馬Sで2着。久々に順調にきているのが今回だ。

 「基本的にどこからでもいけるタイプ。それに、前の馬を抜き去るまで走り続けるような根性も兼ね備えている。一生懸命に走る馬なんですよ」。復調を印象づける雰囲気があり、深川助手の期待もふくらんできた。2度目のコンビとなる横山典騎手も「何も心配はない。順調にいってくれれば、負けない」と自信満々だ。

 現在の“牝馬番付”では、天皇賞(秋)で1、2着になったウオッカ、ダイワスカーレットが東西の横綱。その“2強”がいない一戦なら、生きのいい3歳馬がいようとも、カワカミプリンセスにとって勝利は絶対に譲れない。


【エリザベス女王杯】GI2勝カワカミ中心

*古馬混合となった96年以降が対象
 ◆順当 1番人気【3・3・1・6】、2番人気【5・3・1・3】、3番人気【2・2・0・8】。1~3番人気で連対18頭と3/4を占める。2ケタ人気の連対はなく順当な傾向。1、2番人気が揃って連対を外したことはない。

 ◆4歳優勢 3歳【4・3・1・58】連対率.106、4歳【5・6・5・45】同.180、5歳【3・3・5・38】同.122、6歳上【0・0・1・11】。4歳が連対数、連対率ともやや優勢。6歳上は不振。

 ◆前走重賞は最低条件 連対馬すべて前走は重賞。掲示板を外していたのは3頭で、すべて牡馬混合の重賞に出走しており、牝馬限定重賞ならば5着以内が必要だ。

 ◆久々は不利 9月以降に実戦を使っていない馬の連対は2頭。00年1着ファレノプシス(GI2勝)、01年1着トゥザヴィクトリー(ドバイWC2着)と実績上位馬でないと厳しい。

 ◆GI実績重要 連対馬24頭でGI3着以内がなかったのは3頭。98年2着ランフォザドリーム(重賞2勝)、02年2着ダイヤモンドビコー(同3勝)はGI初出走。04年2着オースミハルカはGIで不振も、重賞4勝を挙げていた。GI3着以内、もしくは重賞2勝以上が条件。

 ◆京都で連対 連対馬24頭すべてに京都芝で連対実績があった。

 ◆二千以上で好走 芝2000メートル以上で連対がなかったのは04年2着オースミハルカだけ。距離実績は欲しい。

 ◆外国馬 4頭出走で03年タイガーテイルの3着が最高。苦戦傾向だ。

★結論
 GI2勝馬で、上位人気が予想されるカワカミプリンセスが中心だ。昨年のオークス2着馬ベッラレイアが差なく続く。3歳勢では秋華賞で掲示板確保のムードインディゴ、エフティマイアが優勢。(データ班)




リンク枠は 3 か 5


カワカミプリンセスが降着になったレースは

梅田のウインズで見てました^^

わたしは、3連複BOX買いしてたので

幸い馬券はとれましたが

長い審議の間、ウインズ内は

不安が渦巻き

降着が決まった瞬間、

なんとも言えない落胆のムードが漂いました・・・

カワカミプリンセスちゃんが

自身でリベンジするにあたっては

イチローにも口出しされることもないですし(笑)

イチローはコワイ

是非とも、女王に座をとりもどしてほしいです☆

でも、一番強いのは

ダイワスカーレットちゃんですが^^














Superfly
2008年06月02日 (月) | 編集 |




"Superfly"


越智志帆さん





















とにかく パワフルな歌声に

圧倒されます

ボリューム大で聴きながら仕事したら

メチャ はかどりま~す^^








最近お気に入りのCM^^
2008年05月28日 (水) | 編集 |







↑ ママまで(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。