時々、サワヤカプリンセスのきまぐれ日記http://ameblo.jp/sawayaka4412/で活動してます オモシロイことが大好きです ワラかしてくれる方、仲良くしてくださいね~(#^.^#)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やったゼ、金メダル!!^^
2008年08月11日 (月) | 編集 |


パパはやったぞ! 男子66キロ級の内柴正人(30)=旭化成=が決勝でバンジャマン・ダルベレ(27)=フランス=に縦四方固めで一本勝ち。日本の金メダル第1号となった。日本柔道史上最年長の金で、日本柔道4人目の五輪連覇。4歳の長男・輝(ひかる)くんに美しく光る世界一の証を掲げたヒーローが、日本のメダルラッシュの幕開けを告げた。

目の前のひじも金メダルも、絶対に逃がさない。内柴が縦四方固めでひじを極めると、ダルベレが苦悶の表情で降参。開始1分8秒で一本勝ち。涙がこみ上げる顔を両手で覆い「ヨッシャー」と拳を握り、「あかりー!」「ひかるー!!」。客席にいる家族の名を絶叫した瞬間、日本国民の心にも、明るい輝きをともしてくれた。

 「やっちゃいました。親父の仕事をしっかりやりました。前回は輝が生まれて、妻が来られなかった。何度も辞めたいと思ったけど、妻と子供を北京に連れていくんだと頑張りました。これで少しは恩を返せたかな」

 アテネ五輪のときは乳児だった長男が、夫人のあかりさん(28)の横に座り、つぶらな瞳に父の雄姿を焼き付けている。観客に肩車された息子に、祝福の拍手が飛ぶ。親子でつかんだ金メダルだった。

 初戦は左手でひざを抑えながらの袖釣り込み腰で相手を裏返し。準々決勝ではシャリポフ(ウズベキスタン)に有効を取られたが、残り26秒からともえ投げで技あり、けさ固めで逆転勝ち(合わせ技一本)。試合前、独特のジャンプで体をほぐしながらリズムを整え、粘り勝ちを重ねた。

 「北京五輪で王者になると、ずっと思っていました。きょうを迎えて、夢じゃないと…」
 4年前はオール一本で金。その後、国際舞台で優勝がなくなった。国内大会では初戦負けなど、不振の極地。北京が絶望になりかけた昨年12月、嘉納杯で2回戦敗退。控室へ戻る際、息子と目があった。情けないパパのままでいいのか…。「ダメでもいいから常に全力で頑張ろう」。取り戻した誇り。左右に動く体さばきのうち、苦手だった右への動きを改良した。

 実はアテネ五輪後、兄が警察に逮捕されるという“事件”が起きた。父・孝さん(58)は自分に罰を与えるように大好きな釣りをやめた。父が元気をなくすと、家族がバラバラになっていくようで胸が痛んだ。父には好きなことをして好きなものを食べてほしい。柔道で強さを示して、父の気持ちを紛らわせてあげたい。「内柴家はやればできるんだ」。北京は父子3代にわたる挑戦でもあったのだ。

 30歳での金は日本柔道史上最年長。2大会連続金メダルは斉藤仁(現日本男子監督)、野村忠宏(ミキハウス)、女子の谷亮子(トヨタ自動車)に次ぐ快挙だ。

 「五輪は(4年間の)物語の一番強い人が勝たなくてはいけない試合。僕が勝たないといけない、と思っていました」

 引退を考え、失意にまみれ、そして家族の愛でよみがえった。積み重ねた物語のエピロー
グが、キラキラと輝いた。(周伝進之亮)













 金メダルを獲得後、北島は涙で目を赤くし、ときどき言葉を詰まらせながら、報道陣に喜びを語った。
 --強かったですね
 「ありがとうございます」
 --アテネとはまた違ったうれしさがこみ上げてきていると思いますが
 「はい、うれしいです。すいません、何も言えない」
 --やっと少しは落ち着いてきましたか
 「応援してくれる方がたくさんいたので、本当に金メダルが取れてよかったです」
 --アテネの時は『超気持ちいい』と気持ちを表現しましたが、北京の金メダルはどういう気持ちですか
 「アテネの時以上に気持ちいいです。超気持ちいいです。最高ですね」
 --しかも、世界新記録での金メダルになりました
 「もう記録も優勝もできたので、本当に満足です」
 --これで一気に日本に勢いがつきましたよ
 「日本人はこれからもっと頑張ってくれると思うので。僕もまだ200メートルがあるので頑張りたい」
 --最後にもう一度、どんな気持ちですか
 「超気持ちいいです」








決勝で一本勝ちした谷本は、飛び跳ねて喜びながら、その目には涙があふれ出た。表彰台でも、これまで支えてくれた人を思いだしてまた涙…。興奮冷めやらない早口で感激と感謝を口にした。
 --一本勝ちを重ねて優勝
 「(決勝では)相手の大内刈りをすかして、とっさに出た。ずっと全力だったので試合のことを覚えていない。(けがで)もう柔道着を着られないんじゃないかと思ったし、まさか夢の舞台で勝てるなんて…。まだ実感がわかない」
 --ライバルのドコスについて
 「階級を変えると聞いていたので、最後に戦いたかった。大好きな柔道家。やっていて楽しかった。いつか語学を勉強してたくさん話したい」
 --表彰式の涙は
 「後ろからたくさんの人が(君が代を)歌ってくれるのを聞いて、どれだけ多くの人に支えられてもらっているかあらためて感じた」
 --今後は
 「すべてをこの日のためにやってきた。今はゆっくりしたい」









内柴選手、北島選手

金メダル

おめでとうございます!!!!!!!


金メダルって

なんか わたしたちに

元気と勇気を

与えてくれますね~


この勢いで 野球もがんばってくださいネ~~


谷本選手、故障を克服しての

金メダル

ほんとうにおめでとうございました!!^^

やっぱ、柔道は

「一本勝ち」ですよね^^

超気持ちイイ勝ち方

ほんとカッコ良かったですー









スポンサーサイト

いよいよ五輪!!^^
2008年08月07日 (木) | 編集 |


























↑ カッコいい~~~~(^-^*)






みなさん、がんばってくださ~~い

















人間ディープインパクト、アリソン・フェリックス^^
2007年09月02日 (日) | 編集 |
JAPAN-276749-reuters_view.jpg



身長:168センチ
体重:57キロ
生年月日:1985年11月18日(21歳)
出身地:米国
※年齢は2007年8月24日時点のもの

6月末の全米選手権で100m4位、200mで優勝を果たしたアリソン・フェリックス(米国)。目指すのは、大阪で100m、200m、400mリレー、マイルリレー(4×400mリレー)の4冠だ。
 21歳の若さで全米優勝3度、ヘルシンキ世界陸上金メダル、アテネ五輪銀メダルなどの実績を持つ彼女だが、初めてのシニアの世界大会では苦い経験を味わった。2003年、17歳の時の全米選手権200mで、22秒59で3位に入ったものの、パリ世界陸上では23秒33で予選落ち。世界ユースや世界ジュニアなどジュニアレベルの経験とはちょっと勝手が違ったようだ。
 しかし、その悔しい経験をバネに04年のアテネ五輪で銀メダル、そして05年の世界陸上で金メダルをとったのは立派。夏の大阪世界陸上では連覇がかかるが、プレッシャーはない様子。今季は専門の200mの強化のために、100mや400mにも積極的に出場し、すでに自己ベストを大幅更新。練習では800mで2分を切って走っているというから、そのスタミナもあなどれない。100mの優勝は現状では厳しいが、メダルは手が届く範囲内だ。200m1本で勝負するサンヤ・リチャーズ(米国)との女の戦いにも注目が集まる。(文:及川彩子) ※編集部注:来日後、100mは出場回避の方針を発表


世界陸上2007大阪 | 選手紹介 | アリソン・フェリックス より



アリソン3冠!
米国が勝利…女子千六百メートルリレー決勝【世陸】

◆世界陸上最終日 女子千六百メートルリレー決勝(2日、長居陸上競技場) 米国(トロッター、フェリックス、ワインバーグ、リチャーズ)が3分18秒55で圧勝した。2走目のアリソン・フェリックス(21)が大きくリードを広げると、続くワインバーグ、リチャーズがトップを守った。

 フェリックスは女子二百メートル、女子四百メートルリレーと合わせ3冠を達成。「千六百メートルリレーを走るのは初めて。楽しかった。素晴らしいレースをすることができた」と喜んでいた。





小柄だし、脚 細いし

なのに、なんなんでしょうか??

あの速さは (感嘆!!)

その走りは まるでディープインパクトを

彷彿とさせます^^

彼女の走りがまた見れるであろう

北京五輪がとても楽しみになりました

1158404375402.jpg



土佐さんも 

根性でよくがんばってくれたニャ~~






明日も、この調子で、いってみよう~~~^^
2006年09月29日 (金) | 編集 |


00124059.jpg



先制パ~~~~ンチ!!^^


阪神6-0広島

 阪神は4投手の無失点リレーで2年ぶりの8連勝。杉山が七回途中までしのぎ、ウィリアムス、久保田、桟原とつないだ。打線は一回に金本の23号2ランで先行。七回は4長短打に失策も絡んで4点を加えた。

 広島は拙攻で4連敗。







http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/fergie/uica9011.html



1158962666262.jpg






明日は

勝負やデ!!






WBCの影響、あったのかな~??
2006年09月04日 (月) | 編集 |



ロッテ故障者続出…

遠のくプレーオフにボビー深いため息




(パ・リーグ、オリックス7-3ロッテ、18回戦、オリックス10勝8敗、3日、京セラドーム大阪)故障者続出でプレーオフ進出がますます厳しくなった。里崎が8月26日の楽天戦の本塁クロスプレーで全身を痛め、フリー打撃を回避している中、控え捕手の橋本が一回に腰痛で途中交代。西岡は右ひざ痛から復帰したが今度は腰痛に。故障者の回復状況を問われたバレンタイン監督は「今はまだ分からない」と深いため息をついた。

★橋本が途中交代
橋本将(30)=オリックス18回戦(京セラドーム)の一回、空振り三振した際に腰を痛め、直後の守備から辻と交代した。






WBCのために

快く選手を送り出してくれたボビー

おかげで、日本は優勝できて

数々の感動を

プレゼントしていただきました


ロッテだらけ(^.^ ;






今シーズン、今イチ成績があがらないのは

無理もないことかもしれません



他のチームでも

WBCに選ばれた選手

みんなとはいいませんが

うちの球児や久保田投手

多少なりとも

影響あったのかな~??





次回のWBC、

開催時期について

多いに、議論重ねて欲しいですね





1156341540636.jpg



アメリカが

わがままだから

ムズカシイニャ~~~~




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。